神奈川県の西丹沢には、数多くのキャンプ場があります。今回は、その中でも人気が高い『西丹沢大滝キャンプ場』をご紹介。西丹沢大滝キャンプ場は、キレイな川での水遊びや、本格ピザ窯でのピザづくり体験など、数多くの楽しみ方があるキャンプ場です。次回のキャンプ地に迷っている人は、必見ですよ!

都内からのアクセス良好な神奈川県のキャンプ場! 西丹沢大滝キャンプ場の概要

まずは、西丹沢大滝キャンプ場の概要をご紹介。

西丹沢大滝キャンプ場は、東名高速道路からのアクセスが良く、神奈川近県の人にとって、利用しやすいキャンプ場です。

●アクセスについて

西丹沢大滝キャンプ場は、神奈川県山北町にあるキャンプ場です。

アクセス

  • 車の場合
    東名高速道路「大井松田I.C.」から約40分
  • 公共交通機関の場合
    小田急線「新松田駅」からバスで約60分

オートサイト

  • チェックイン
    14:00
  • チェックアウト
    10:00
  • 料金
    車1台5,500円(4人まで含む)、バイク1台1,650円(1人)、犬1,100円
  • アーリーチェックイン(9:00〜)
    車1台1,100円、1人1,100円

バンガロー・ログハウス

  • チェックイン
    14:00
  • チェックアウト
    10:00
  • 料金
    11,000円〜44,000円

デイキャンプ

  • チェックイン
    11:00
  • チェックアウト
    16:00
  • 料金
    車・バイク1台770円、1人770円

※料金は税込み価格

車でのアクセスは、東名高速道路の大井松田I.C.から40分ほど。キャンプ場入り口の看板は、やや小さく見逃しやすいので、注意してくださいね!

また、公共交通機関を利用する場合は、小田急線の新松田駅からバスで約60分、大滝橋バス停で下車。バス停からキャンプ場の受付までは、徒歩で2〜3分ほどですので、公共交通機関を使ってキャンプに行きたい人にもおすすめです。

ちなみに、西丹沢大滝キャンプ場への道中には、道幅が狭く、すれ違いが難しい場所も。運転に自信がない人は、時間に余裕をもって向かうか公共交通機関の利用をおすすめします。

▼公式サイトはこちら

●予約方法について

西丹沢大滝キャンプ場は、ログハウスとバンガローのみ電話での予約を受け付けています。繁忙期は電話がつながりづらいことも予想されるので、余裕をもって予約をしておきましょう。

オートキャンプとデイキャンプについては、フリーサイトのため予約は受け付けていません。

西丹沢大滝キャンプ場のブログによると、土日や繁忙期などの混みあう時期にフリーサイトを利用する場合は、アーリーチェックインが勧められています。

アーリーチェックインは車1台1,100円・1人1,100円(税込み)で、朝の9時から受付が可能。

「川沿いのサイトを確保したい」「満員になる前に確実に入場したい」などという人は、アーリーチェックインを検討しても良いかもしれませんね。

●感染症対策について

西丹沢大滝キャンプ場では、感染症対策がしっかり行われていました。

受付にはビニールのカバーが設置されており、飛沫が飛ばないよう工夫。また、各水場にはアルコール消毒液や手洗い石鹸が用意されています。

西丹沢大滝キャンプ場のブログによると、緊急事態宣言中は、フリーサイトへの入場を車50台にまで制限しているとのこと。2021年9月13日現在は、8月にあった豪雨によってオートサイトが被害を受けたこともあり、30台が上限になっているようです。

入場制限によって、フリーサイトでもキャンパー同士が密にならないように配慮がされているのもありがたいですね。

オートサイト・ログハウス・バンガローでキャンプを楽しめる! 西丹沢大滝キャンプ場のサイトをチェック

西丹沢大滝キャンプ場では、オートサイト・ログハウス・バンガローでキャンプを楽しむことができます。

ここからは、それぞれのサイトの特徴を紹介していきます!

●オートサイトではいろいろな風景を楽しめる

西丹沢大滝キャンプ場のフリーサイトは、川沿いに広々と設けられています。区画はなく、思い思いの場所にテントやタープを張れるので、開放的な雰囲気を味わえます。

そんな西丹沢大滝キャンプ場のオートサイトの特徴は、場所によっていろいろな風景を楽しめることです。

メインの川沿いと反対方向には、急な段差を渡って行けるサイトも。

渡った先には、グループでのキャンプにちょうど良いサイトや、木々に囲まれてプライベート感を味わえるサイトが広がっています。川を少し高いところから眺められるので、静かにのんびりと過ごしたい人にはおすすめです。

また、受付から川沿いへ向かう途中にも、プライベート感を味わえるサイトが。

車で川沿いに下りていく途中にあるので、見逃してしまいそうになるサイトです。

このサイトは、石垣や段差でスペースが区切られているので、サイト内に車を乗り入れることはできません。そのため、ツーリングやバックパックでキャンプに向かう人におすすめですよ。

●ログハウス・バンガローはいろいろな広さが用意されている

西丹沢大滝キャンプ場では、ログハウス・バンガローでのキャンプも楽しめます。

ログハウス・バンガローは、6人用から、最大で40人用まで用意されています。サークル仲間や、仲良し家族合同での大人数キャンプにも対応しているのは嬉しいですね!

ログハウスやバンガローは、キャンプファイヤースペースの目の前にあるタイプや、森に囲まれたタイプが設置されています。

森に囲まれたバンガローの中には、デッキが設置されているものも。

デッキにお気に入りのチェアを広げて、のんびりと景色を眺めるのも楽しそうですね。

西丹沢大滝キャンプ場のおすすめポイント 川でのアクティビティやピザづくりの体験も

ここからは、筆者が実際に西丹沢大滝キャンプ場を利用して感じたおすすめポイントをご紹介。

西丹沢大滝キャンプ場には、きれいな川で遊べたり、ピザ窯でピザづくり体験ができたりと、魅力がいっぱいです!

●西丹沢大滝キャンプ場のおすすめポイント【1】穏やかできれいな河内川

西丹沢大滝キャンプ場のおすすめポイントの1つ目は、美しい流れの河内川です。

西丹沢大滝キャンプ場のフリーサイトは、河内川の目の前がメインスペース。川の目の前にタープを広げて、川を眺めながらのキャンプが楽しめます。

また、雨の日でなければ、流れが穏やかで水深は浅いので、ちょっとした川遊びには最適。筆者がキャンプをした日には、小さなお子さんや、愛犬と一緒に水浴びをして楽しんでいる人がいましたよ!

●西丹沢大滝キャンプ場のおすすめポイント【2】本格ピザ窯でピザづくり体験ができる

西丹沢大滝キャンプ場には、本格的なピザ窯があります。

西丹沢大滝キャンプ場のオーナーは、フードコーディネーターの資格を持っているとのこと。事前に申し込めば、ピザ窯を使って、オーナーと一緒にピザづくりを体験できます。

バーナーでの料理も楽しいですが、家族や友人とピザづくりをするのも楽しそうですね!

●西丹沢大滝キャンプ場のおすすめポイント【3】直火での焚き火が可能

西丹沢大滝キャンプ場では、直火での焚き火が可能です。近年は、直火での焚き火を禁止するキャンプ場が増えているため、直火好きには嬉しいですね!

場内には、焚き火にちょうど良い石がゴロゴロとあります。直火初心者の人でも、スムーズに焚き火ができそうでしたよ。

▼直火の焚き火で活躍する、おすすめ防火グローブはこちら!

●西丹沢大滝キャンプ場のおすすめポイント【4】毎月11日は犬連れキャンパー優先の「11DAY」

西丹沢大滝キャンプ場では、毎月11日を「11(わんわん)DAY」と称し、犬連れキャンパー優先の日としています。犬と一緒にキャンプを楽しみたい人にぴったりのイベントですね!

11DAYを開催しているだけあり、場内には広々としたドッグシャワーも。愛犬と一緒に川遊びを楽しんだあとも安心です。

なお、11DAYを楽しむためには、利用規約に同意する必要があります。利用規約と同意書は、公式ホームページに掲載されているので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

▼11DAY利用規約はこちらからチェック!

▼愛犬も心地よくキャンプを楽しめる!おすすめドッグコット

西丹沢大滝キャンプ場利用時の注意点 ゴミはすべて持ち帰り

西丹沢大滝キャンプ場を利用する上での注意点は、ゴミはすべて持ち帰りになるということ。有料でのゴミ回収も行われていません。

西丹沢大滝キャンプ場を利用する場合は、ご自身でゴミ袋を用意し、サイトをキレイに片づけましょう。

西丹沢大滝キャンプ場は楽しみ方いっぱいのおすすめキャンプ場

今回は、西丹沢大滝キャンプ場をご紹介しました。

西丹沢大滝キャンプ場は、いろいろな風景を楽しめるフリーサイトやピザづくり体験など、楽しみ方がいっぱいのキャンプ場です。

今回の記事を参考に、次回のキャンプの候補地にぜひ入れてみてくださいね。

西丹沢大滝キャンプ場でのキャンプをもっと楽しもう! おすすめのキャンプアイディア記事