こんにちは!ファミリーキャンパーの川窪チエです。最近、DODの『テキーラキッチンレッグ』をゲットしました。そこで今回は、テキーラキッチンレッグのレビューと共に、テキーラキッチンレッグを使いやすくDIYしちゃいます!DIY初心者でも挑戦できる簡単な方法で挑戦しましたので、テキーラキッチンレッグに興味のある方は最後までご覧くださいね!

オシャレキャンパー御用達のDODテキーラキッチンレッグでキッチン作りに挑戦!

みなさんはDOD(ディーオーディー)のテキーラキッチンレッグをご存知でしょうか?オシャレキャンパーさんのSNSによく登場するので、知っている人も多いはず。

DODの追加パーツを組み合わせて使えるのですが、木を取り入れることでオシャレ度がグッと高まるので、筆者はDIYすることにしました。

DIYの前に、まずはテキーラキッチンレッグについて知っていただきましょう!

テキーラキッチンレッグって何? 使い方次第で何通りにも変化する魔法の脚

テキーラキッチンレッグは、“レッグ”という名前の通り、脚だけの製品。単体では使用できません。

使用する際には、3つの脚の間にテキーラプレート(S or M)やワンバイ材などの木材を挟む必要があります。

テキーラキッチンレッグSPEC
サイズ:レッグA(長い方)2個:(約)W34×D88×H2cm
レッグB(短い方)1個:(約)W34×D77×H2cm
重量:約5.4kg 付属品を含んだ全ての合計
素材:スチール
付属品:結束用ベルト 2本

DODが販売しているテキーラシリーズの追加パーツには、テキーラプレートの他、ランタンをかけられるランタンレッグなどもあります。

これらの組み合わせ次第で、何通りものキッチンを作れるのがテキーラキッチンレッグの最大の魅力です!

DODテキーラキッチンレッグのレビュー! かさばりが気になる人には不向きかも

テキーラキッチンレッグを実際に使ってみると、不向きな人もいると感じたので、簡単にレビューしてからDIYしていきましょう!

●【◎】渋くてカッコいい!

キャンプギアにアイアンを取り入れると、サイトの雰囲気が締まりますよね。テキーラプレートで黒一色に統一すると、かなりクールにキマります。木材を使った場合も、カッコよさとナチュラルさのテイストの違いが絶妙にマッチしていい感じです!

重厚感のある見た目に反して、意外と軽い点もおすすめできるポイントです!

●【◎】自分好みのアレンジができる

自分好みのキッチンテーブルを作れる点が、テキーラキッチンレッグ最大のメリットであり、アピールポイントです。

今回のようにキッチンラック兼キッチンテーブルとして使用したり、お気に入りのギアを飾ったり、荷物置きにしたりと、用途に合わせたアレンジを楽しめます。

追加パーツのテキーラランタンレッグを使うと、ランタンやキッチンペーパーもかけられます!

●【△】テーブルを増やすと荷物が増えてしまう

テキーラキッチンレッグは、使い勝手を良くしようとすればするほど、追加パーツや木材が増えてかさばってしまいます。

荷物をたくさん載せられるミニバンやキャリア付きの車であれば問題ありませんが、車載量が気になる方や徒歩・バイクキャンパーにはあまりおすすめできません。

DODテキーラキッチンレッグを使いやすくアレンジ! ほぼ塗るだけの簡単DIY

テキーラキッチンレッグについてざっくりおわかりいただけたと思いますので、DIYしていきましょう!

●【DIY1】ワンバイ木材でテーブルを作ろう

まずはワンバイ木材でテーブルを作ります。

◆材料◆

  • SPF材 6フィート 1×4・・・2本
  • SPF材 6フィート 1×6・・・1本
  • 水性ニス(ダイソー)・・・2本
  • サンドペーパー(ダイソー)・・・1枚
  • ハケ(ダイソー)・・・1つ

材料費は1,800円くらいでした。

ホームセンターで購入した3本のSPF材は、お店でそれぞれ半分にカットしてもらいました。

ザラつきが気になる場所をサンドペーパーでなめらかにしてから、ハケを使って水性ニスを塗っていきます。

ニスがしっかり乾けば板作りは終了です!

右の2本はダイソーの水性ニス(メープル)を1回塗り、残りの4本は3回塗りです。塗る回数で色味が結構変わりますよね!

美しい仕上がりに満足していたのですが、ここでトラブル発生!

数日乾かしてもベタつきが気になるんです。木を重ねて置いておくと、板同士が張り付いてしまいます。2週間ほどしてかなり改善されましたが、この間、重ねて置いておけないのは邪魔でした……。

キャンパー仲間にアドバイスを求めたところ、ダイソーの水性ニスの代用品として以下の4つを教えてもらいましたので参考にしてみてくださいね。

  • 水性外部用ニス
  • ワトコオイル
  • 蜜蝋
  • オイルステイン

●【DIY2】無印良品のバスケットをぶら下げよう

テーブルになる板ができたので、さらに使いやすくしていきましょう!

無印良品のステンレスワイヤーバスケットをかけられるようにします。

◆材料◆

  • 無印良品ステンレスワイヤーバスケット(37×26×18cm)
  • ステンレスS字フック(ダイソー)・・・4個入り×2個
  • 直径2cmの丸棒・・・92cm程度×2本
  • 水性ニス(ダイソー)・・・1本
  • ハケ(ダイソー)・・・1つ

板と同じくらいの長さ(92cm)の棒を2本用意して、板に使用した水性ニスを塗って乾かします。

あとは組み立てるだけです!

丸棒2本をテキーラキッチンレッグに差し込んで、ステンレスフックを使ってカゴをひっかけます。

これで完成です!

早速調理グッズをセットしてみましたので見てみましょう。

DIY完成! オシャレ度&使い勝手がアップして大満足

調理グッズをセットしてみましたが、いかがでしょうかー?

これまではキッチンテーブルがなかったので、テーブルやクーラーボックスなどの上で調理していたんです。物を出しては移動させて、とにかく使い勝手が悪く、無駄な動きばかりでストレスが溜まっていました。

テキーラキッチンレッグを導入することで、ストレスなく調理できるようになったので大満足です!

クーラーボックスを高い位置に配置することで、子どもたちのいたずらが減りました。それに、私の腰痛が出なかったのも嬉しかったです。

付属品の結束用バンドを使えば、濡れたフキンも掛けられます。

低い位置の板を少し長めに出して、子どもの手洗い用ウォータージャグを設置しました。これがとっても便利だったので、お子さん連れの方におすすめです!

一番下にも板を追加すれば、収納力が格段にアップするのですが、荷物が増えるのが悩ましいところですね。もっともっと使い込んで、ベストな形を見つけていきたいと思います!

レッツDIY! DODテキーラキッチンレッグで理想のキッチンを叶えよう

各メーカーからたくさんのキッチンテーブルやキッチンラックが販売されていますが、テキーラキッチンレッグほどアレンジの幅が広い製品はなかなかないと思います!

みなさんもテキーラキッチンレッグで、思い思いのキッチンを作ってみてはいかがでしょうか?参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事もチェック!▼