冬になり、スキーのシーズンがやってきましたね。今回は、冬のキャンプは寒いので別の遊びにシフトしている筆者がおすすめする大型スキー場、「かぐらスキー場」について紹介します。また、よりお得にスキー・スノーボードを楽しめるキャンペーン「ONI割」の情報も解説。是非、この記事を読んで、お得にスキー・スノーボードを楽しみましょう。

かぐらスキー場ってどんな場所?基本情報について解説!

かぐらスキー場は、新潟県にある人気の大型スキー場。場内は「かぐらエリア」「みつまたエリア」「田代エリア」の3つに分かれており、初心者から上級者まで楽しめるスキー場です。

住所

  • みつまたステーション:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742
  • 田代ステーション:新潟県南魚沼郡湯沢町三国1066

アクセス

  • みつまたステーション:関越自動車道湯沢I.C.から車で約10分
  • 田代ステーション:関越自動車道湯沢I.C.から車で約20分

※湯沢駅前からの急行バスもあり

電話番号

  • みつまたステーション:025-789-3111
  • 田代ステーション:025-788-9221

また、苗場スキー場とも隣接しており、共通券を買えば苗場エリアでも滑ることができます。

かぐらスキー場は、正直、迷子になるレベルで広いスキー場です。共通券だと、苗場・みつまた・田代と3箇所の入り口になるため、帰ろうと思ったら間違えて違う場所に行ってしまうことも。

とはいえ、広い分、最長滑走距離は6,000Mと滑りがいがある上に、標高が高いのでパウダースノーで大変滑りやすい、楽しいスキー場です。

また、コースも32種類もあるので、飽きることなく遊べます。1日かけて思う存分スキー・スノーボードを楽しみたい人におすすめです。

▼かぐらスキー場公式サイト

●かぐらスキー場の基本料金

【1日券】

  • 大人:5,200円
  • シニア:4,700円
  • 中高校生:4,200円

※SEIBU PRINCE CLUB 会員は期間500円引き

【半日券】

  • 大人:3,800円
  • シニア:3,300円
  • 中高校生:2,900円

※利用時間は午前(開始〜1:00)、午後(11:45〜16:45)

【苗場スキー場共通1日券】

  • 大人:6,000円
  • シニア:5,300円
  • 中高校生:4,600円

【セット+ウェアオールセット(1日レンタル)】

  • 大人:6,500円
  • シニア:5,400円
  • 中高校生:5,200円
  • こども:3,200円

【スキー・スノーボードセット(1日レンタル)】

  • 大人:4,300円
  • シニア:3,800円
  • 中高校生:3,600円
  • こども:2,100円

【ウエア上下セット/1日】

  • 大人:3,300円
  • シニア:3,100円
  • 中高校生:3.000円
  • 子供:2.200円

※金額はすべて税込み表示

▼その他、料金・レンタル品の詳細は公式HPをチェック!

かぐらスキー場など新潟県のスキー場リフト券が半額!?超お得なONI割について解説!

かぐらスキー場ではお得なレンタルセットなどもありますが、リフト券を買って道具をレンタルすると高額になってしまいます。

金額のことを考えると、スキー場への足が遠のくことでしょう。しかし、そんな人に朗報です。

新潟県が今年行っている「ONI割」というキャンペーンを使用すれば、かぐらスキー場などONI割キャンペーンを実施中のスキー場で、リフト券とレンタル代が半額になります。

購入方法は、事前にローソン、または電子チケット購入システム「PassMe!(パスミー)」からチケットを購入するだけ。

ただし、ONI割チケットを使用するには、コロナワクチン接種証明書、または検査結果が陰性であることを証明できる書類が必要になります。

そして、ONI割チケットの販売期間は2022年1月31日までなので、販売期間に注意して購入しましょう。

いろいろと条件はありますが、リフト券・レンタル代が半額になるとかなりの金額が割引になるので、ぜひ利用してほしいキャンペーンです。

今回紹介しているかぐらスキー場を例に挙げると、「リフト代6,000円+道具レンタル6,500円=12,500円」が破格の「6,250円」になります。

大変お得なので、かぐらスキー場へ行きたいと考えている人は、忘れずにONI割チケットを購入しておきましょう。

▼ONI割キャンペーン公式サイト

●ONI割に間に合わなかった人はオンライン購入やクーポンを活用!

「気づいたときにはONI割が終わっていた」なんて悲しい事態になってしまった人も、諦めるのはまだ早いです。かぐらスキー場では、オンライン購入の際の割引や、お得なクーポンの用意もあります。

かぐらスキー場の公式HPから、事前にWEB決済でチケットを購入すれば割引価格に。1日券は400円引きですが、2名セット・3名セットもあり、最大で2,000円以上割引されることも。

さらに、SEIBU PRINCE CLUB会員割引もあるため、この割引を組み合わせればお得にかぐらスキー場を利用できます。

また、かぐらスキー場の公式サイトでは1日券とレンタル品セットが14%〜16%割引になるクーポンも配布しているので、クーポンもチェックしてみましょう。

▼かぐらスキー場のクーポン情報はこちら!

かぐらスキー場へ行ってみた!写真付きで場内の様子をご紹介

12月某日、かぐらスキー場へ行ってきました。今回は田代ステーションから入場しました。

まず、受付でリフト券を購入し、ゴンドラに乗ります。

ゴンドラからの風景は標高が上がるにつれて景色が変わり、滑る意欲を掻き立ててくれます。

ゴンドラが終点に到着すると、いよいよスキー開始です。

筆者が足を運んだ日は、前日に降雪していたお陰でパウダースノーを楽しむことができました。また、広々としたゲレンデで混雑をあまり感じさせないので、ストレスフリーに滑れたのもよかったです。

初心者が多いスキー場では、座り込む人々がまるで障害物のように立ちはだかってしまうものなのですが、かぐらスキー場でその心配はありません。

ただし、上級者コースに行くと急斜面で非圧雪なコースもあるので注意しなければいけません。また、ゲレンデが広いので迷子に注意しましょう。

そして最後に、コース外にでることは絶対にやめましょう。毎年コース外にでて遭難する案件がニュースになっています。

かぐらスキー場でスキー・スノーボードを楽しもう!超お得なONI割チケットの利用も忘れずに!

スキーシーズン真っ只中の現在ですが、どのスキー場へ行けばいいか迷っている人も多いかと思います。そんな人は是非、かぐらスキー場に行ってみてはいかがでしょうか。

1日で遊び尽くすことのできない広大なゲレンデと、転んでも痛くない最上の雪質で満足すること間違いなしです。

また、スキー場内にはレストランが沢山あり、グルメの楽しみも豊富。定番のカレーやラーメン以外にも、ピザや蕎麦、ワッフルなど和洋折衷取り揃えています。そのため、好みのグルメが見つかるでしょう。

今回紹介したONI割は、巷で安いと評判の「早割(5,200円券が2枚で7,000円)」より安いので、破格のお値段です。早割を事前に買っていた友人はONI割を知って意気消沈していました。

ONI割はコロナショック中における新潟県独自のイベントです。訪れることで新潟県への応援にもなります。

ぜひONI割も活用して、ひとりでも友人と一緒でも、もちろん家族でも楽しめるかぐらスキー場で、スキー・スノーボードを楽しんでみてはいかがでしょうか。

かぐらスキー場に行く前にチェック!あわせて読みたいおすすめ記事