アメリカ在住の肉好きキャンパー舟津です。キャンプの醍醐味はやっぱり食事ですよね。我が家は、キャンプでは凝った料理はあまりしないのですが、肉派の旦那が鉄板にこだわりがあり、肉がおいしく焼ける鉄板を探したどり着いたのが、5mm厚で波型&フラットと焼き面が2WAY仕様のLODGE(ロッジ)の鉄板「ダブルグリドル」でした。今回は、友達とワイワイキャンプを楽しむのにも便利な、大きめの両面鉄板グリルを紹介いたします。

LODGE(ロッジ)の両面焼き鉄板「ダブルグリドル」とは?

LODGE(ロッジ)は言わずと知れたアメリカのキャストアイアン(=鋳鉄:ちゅうてつ)(※注)の調理器具のパイオニア的存在。ダッチオーブンやスキレットが有名で、世界中で多くのキャンパーが愛用しているブランドです。

そのキャストアイアン技術を駆使して作られた鉄板が「ダブルグリドル」。特徴は、片面がフラット、片面が凹凸があるギザギザのグリルになっているところ。

> (※注) キャストアイアンとは
> キャストアイアン(鋳鉄)の最大の特徴は、熱をゆっくりじっくり伝えること。素材への火の当たりが柔らかくじっくりとむらなく加熱でき、旨味をぎゅっと凝縮しながら調理できます。シーズニング済みですので、お湯で洗っていただければ面倒な慣らし作業無しにすぐに快適にご使用いただけます。
> -- www.lodge-cooking.com

よって、1枚で2つの使い方ができ、焼きそばやお好み焼きはフラット面で。肉など油がでるものはギザギザ面を使用するなど、食材によって焼き面を変えられます。

●ツーバーナーにぴったりのサイズ

キャンプでツーバーナーを使用している人は多いですが、横幅42.5センチあるこの鉄板は、そのツーバーナーの上にちょうど置けるサイズ。

我が家にある大きさの違う2つのツーバーナーで検証すると・・・。

コールマンのツーバーナー425E(本体の横幅約45.5センチ)

ジャストフィットのサイズ。ただし、奥のほうが横にある風よけに当たるため、コレを置いて調理する場合は風よけを畳んで使用したほうがよいです。

425Eより一周り大きいコールマンのツーバーナー414(本体の横幅約55.5センチ)

これですと、横の風よけにあたることなく使用可能。

大き目の鉄板なので、お好み焼きだと3枚ほど焼くことができ、数人のキャンプでもワイワイ一緒に料理が楽しめます。

また、キャンプ飯で憧れの骨付き肉。実はコレは骨が結構邪魔でスキレットの大きさですと焼きにくいですが、この鉄板ですと、豪快な大きな骨付き肉も問題なくOK!

釣り好きの人は、釣った大き目の魚も切らずに豪快に焼くことだって可能です。

●鉄板の厚さ5ミリで肉がおいしく!

鉄板で重要なのが厚みです。厚みがあればあるほど、重くはなりますが蓄熱量が高くなり、肉がおいしく焼けると言われています。

ほとんどのアウトドアブランド鉄板は1〜4ミリのモノが多い中、ロッジの「ダブルグリドル」は5mmあるため肉が均等にジューシーに焼け、フライパンで焼くより数倍美味しくなります。

サイズ:幅42.5x奥行24.1cm
重さ:4.95kg
板厚:5mm

●ロッジの両面鉄板のメリット・デメリットは?

▼メリット

■食材によってフラット面とグリル面を使い分けができ、1つで2個分の働きをする
■横幅が42.5センチあり、大人数でも一度にいろいろなモノが焼ける
■ツーバーナーに合う大きさ
■キャストアイアンなので肉が美味しく焼けてお手入れも簡単
■5ミリの厚さがあり、おいしく食材を調理できる
■焚火の火で使用可能
■フラットで持ち運びが楽

▼デメリット

■キャストアイアンなので重い (約5キロ)
■フラット面はよいですが、グリル面がギザギザしているので洗うのがちょっと面倒
■大きいのでシングルバーナーでは使えない
■結構人気で品薄。買えないことも・・・。

シングルバーナーを使用している人には、幅が狭いシングルバーナー向きの両面焼き鉄板「シングルバーナーグリドル」もあります。

「ダブルグリドル」は、アウトドアだけじゃない!実は家でも結構使える

ロッジの商品はアウトドアのイメージがありますが、この鉄板は、家の五徳2つにちょうど乗せられ、2つのバーナーを使って料理が可能。家でパーティーをするときや、2人暮らしでも2個一緒にハンバーガーやお好み焼きが1度で焼け便利です。

持ち手がないので、レザーで持ち手を作ってみた!

凹凸した持ち手がなく、フラットで場所を取らないのはメリットですが、熱くならない持ち手がないのがちょっと不便。

ズッシリしているので、焼いているとき鉄板が動くことはありませんが、熱いうちは持てないので、我が家はDIYで持ち手部分のカバーを制作。

炭を追加したり、焚火の木を入れたりするときに便利です。

意外にファンも多い!? 口コミ情報は?

> ユニフレーム薪グリルレギュラーにまるで合わせて作ったようなシンデレラフィットです、薪グリル持ってる方はおすすめです
> -- www.amazon.co.jp

なかなか横幅がある鉄板はないので、ツーバーナーや薪グリルを愛用している人には好評!

肉好きの人は、コレで焼いた肉のジューシーさに惚れている人も多いようです!

LODGE(ロッジ)以外の大型プレートは?

ロッジの「ダブルグリドル」以外の大型プレートは?

●手ごろな値段で大型の鉄板を探している人向き

キャプテンスタッグのグリドル「ニューアイガーグリドル」。リバーシブルではありませんが、SからLLとサイズが豊富。キャンプスタイルでサイズが選べます。

また、ツーバーナー向きの横幅45センチのMサイズは定価が3,300円と手ごろ。板厚は1.6ミリなので重量も2キロで持ち運びしやすいです。

ニューアイガーグリドル(M)
サイズ:幅45x奥行31.5センチ
重さ:2キロ
板厚:1.6ミリ

●極力荷物を軽くしたい人向け遠藤商事の大型プレート

キャストアイアンではなく、アルミニウム合金素材で軽量化。内面がフッ素樹脂で食材がくっつきにくく後片付けが簡単。

遠藤商事グリルプレート(S)
サイズ:幅45x奥行32センチ
重さ:1.9キロ

BBQの味にこだわるなら厚手の鉄板!夫婦2人でも数人キャンプで使える優れもの

鉄板は知れば知るほど奥深いアウトドアギアですが、味にこだわりを持つなら多少重くとも厚手の鉄板がおすすめ!

フライパンはカタチが嵩張りやすいですが、鉄板はフラットでかさばらず持ち運びしやすいため、我が家は夫婦2人でキャンプに行くことが多いですが、フライパンやダッチオーブンは持って行かず、これだけで行くことも多々あります。

ソロキャンプにはちょっと大きいですが、2人から数人のキャンプに対応できるので、1枚あると何かと便利。何より、肉派の我が家はキャンプでジューシーな肉をたらふく味わえるのが何よりの至福になっています。

●▼こちらの記事もどうぞ!