秋が深まり寒くなってくると、体を温めてくれるキャンプ飯が食べたくなりますよね。そんな時に活躍するのが、体を温めて風邪予防にもなる「生姜」です。今回は手軽に使える「桃屋のきざみしょうが」を使った絶品生姜レシピを5つ紹介します!

手軽でおいしい!「桃屋のきざみしょうが」とは?

「桃屋のきざみしょうが」は、海苔製品「ごはんですよ!」で有名な桃屋から販売されている味付きの瓶詰めきざみ生姜。

きざんだ生姜になたね油を合わせ、隠し味に鶏や野菜の旨みを加えたまろやかな味わいの1品なんです。

蓋を開けるとすぐに、生姜のいい香りが漂ってきます。なたね油によって生姜のツーンとした匂いは軽減され、食欲をそそる香りになっているんですよ。

そのまま食べると、隠し味の鶏や野菜の旨みも相まって、ピリッとした生姜の良さを残しながらもまろやかでコクのある味わい!

生姜をそのまま食べるのは苦手という人でも、「桃屋のきざみしょうが」なら食べやすいと思います!

そのまま白飯や冷ややっこにかけるだけで止まらなくなるおいしさなのですが、今回はアレンジレシピを5つ紹介します。

「桃屋のきざみしょうが」を使えば生姜を切る手間もなく簡単なので、キャンプにももってこいのレシピですよ!

「桃屋のきざみしょうが」レシピをおすすめする人

体への嬉しい効果が期待できる生姜。「桃屋のきざみしょうが」レシピはこんな人におすすめです!

●体が温まるレシピを知りたい人

生姜には、「ショウガオール」という成分により体を温める効果があります。ショウガオールはジンゲロールという成分が加熱されることで生成されるので、体を温めたいときは加熱して食べましょう。

また、体温も上がって脂肪燃焼を促すので、上手に活用すればダイエットにも効果が期待できます。ダイエットに冷えは大敵とも言われますので、生姜で体を温めておいしくキレイになりましょう!

●風邪やウイルス対策をしたい人

生姜に含まれている「ジンゲロール」という成分には強い殺菌効果があり、ウィルスや菌に効果を発揮するといわれています。

さらに体温を上げることで免疫機能も上がるので、体を内側から温めてくれる生姜は風邪予防にももってこいの食材なんです。

冬はクリスマスや年越しなどイベントも多いため、体調を崩して参加できなくなるのは悲しいですよね。生姜レシピを取り入れて冬も元気に過ごしましょう!

●生姜好きな人

今回紹介するレシピは、もちろん生姜が大好きな人も満足できるレシピです。

「桃屋のきざみしょうが」は、そのまま食べてもよし、調理して使ってもよしの万能食材なので、常備しておくと重宝しますよ。

生姜が好きだけど切ったり刻んだりが面倒という人でも、瓶を開けて調味料感覚で使えるので、いつでも好きな生姜がおいしく食べられます。

爽やかな香りと刻み生姜のシャキシャキとした食感がたまりませんよ!

「桃屋のきざみしょうが」レシピ5選

ここからは「桃屋のきざみしょうが」を使ったレシピを5つ紹介していきます!キャンプ飯はもとより、毎日の献立に迷った時にもお役立てくださいね。

●レシピ①鶏生姜鍋

体が温まるレシピといえば鍋ですよね!まずは業務スーパーの「鶏白湯鍋の素」を使用した鍋レシピです。

「桃屋のきざみしょうが」を加えることでスープにコクが出て、鶏肉や野菜がよりおいしくなるんです。子どもも食べられるので、冬キャンプにはイチオシですよ!

材料

  • 鶏もも肉・・・300g
  • 白菜・・・1/4
  • 人参・・・1本
  • 長ねぎ・・・1本
  • 豆腐・・・150g
  • 鍋スープ(今回は業務スーパーの鶏白湯鍋スープ)・・・1袋
  • 桃屋のきざみしょうが・・・大さじ1

さまざまな鍋スープの中から、今回は生姜に合いそうな鶏白湯を選びました。塩や醤油系の和風ベースなら好みのものでOKです!

業務スーパーの鍋スープシリーズは味のバリエーションが豊富で、なんと100円!激安でおいしいのでおすすめですよ♪

作り方

白菜をざく切り・人参を薄切りにします。

長ねぎを薄切り・豆腐を一口大に切ります。

鶏もも肉を一口大に切ります。

長ねぎと豆腐以外の具材を鍋に入れ、鍋スープを入れます。

具材が柔らかくなるまで10分ほど煮込みます。

具材が柔らかくなったら、長ねぎと豆腐を入れます。

仕上げに「桃屋のきざみしょうが」大さじ1を入れたら、出来上がりです!

●レシピ②刻み生姜の卵焼き

いつもの甘い卵焼きに「桃屋のきざみしょうが」を混ぜて焼きました。卵の優しい甘さの中に生姜の辛味を感じられる少し大人向きの卵焼きなので、愛妻弁当のおかずにもぴったりです!

大人向きとはいえ、筆者の子ども達にも好評でした。お好みで、大根おろしや醤油をつけてお召し上がりください。

材料

  • 卵・・・2個
  • めんつゆ(3倍濃縮)・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • ごま油・・・適量
  • 桃屋のきざみしょうが・・・小さじ1

作り方

ごま油以外の材料をよく混ぜます。

ごま油を引いたフライパンで、卵焼きを焼いていきます。

クルクルとたたんでいきます。

卵焼きってコツがいりますよね。筆者はヘラを使いますが、皆さんは箸で上手に焼けますか?

形が整ったら出来上がり!できたてはもちろん、冷めてもおいしいですよ♪

●メニュー③バター醤油生姜ご飯

王道のバター醤油ご飯に「桃屋のきざみしょうが」を加えてみました。真ん中に卵黄をドーンとのせて仕上げにネギと黒コショウ!ご飯の温かさでバターが溶けるので、よく混ぜて食べましょう。

材料をのせるだけの超ズボラレシピながら、手軽に栄養摂取できます。朝ごはんにおすすめですよ♪

生姜がアクセントになって、めちゃくちゃおいしいんです!

材料

  • ご飯・・・茶碗1杯分
  • きざみねぎ・・・適量
  • 卵黄・・・1個分
  • バターかマーガリン・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • 醤油・・・少々
  • 桃屋のきざみしょうが・・・小さじ1

作り方

ご飯の上に、材料を全てのせたら出来上がりです。ズボラですみません……!

バターが全体に行き渡るように、よーく混ぜて食べてくださいね♪

●レシピ④生姜焼き

生姜焼きは生姜メニューの大定番ですが、いつもの生姜焼きをアレンジして、味噌味で作ってみました。

甘い味噌だれに生姜のアクセントが効いて、ご飯がどんどん進んじゃいますよ!

材料

  • 豚ロース生姜焼き用・・・6枚(250gくらい)
  • 酒・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 味噌・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 小麦粉・・・適量
  • ごま油・・・適量
  • 桃屋のきざみしょうが・・・大さじ1

作り方

酒・みりん・味噌・砂糖・桃屋のきざみしょうがをよく混ぜ合わせておきます。

豚ロース肉に小麦粉をまぶします。

ごま油を引いたフライパンで、豚ロース肉を両面焼いていきます。

豚ロース肉に火が通ったら、合わせ調味料を入れます。

煮詰めて少したれが残る程度になれば、出来上がりです!

●レシピ⑤生姜ポン酢焼きなす

焼いたなすにポン酢&ごま油&桃屋のきざみしょうがを合わせたさっぱりレシピです。

爽やかなおいしいたれがジュワっとなすに染み込んで、箸が止まらなくなります!この合わせ調味料はさまざまな食材に合うので、覚えておくと便利ですよ。

材料

  • なす・・・3本
  • 長ねぎ・・・5cmくらい
  • ポン酢・・・大さじ3
  • ごま油・・・大さじ1
  • 桃屋のきざみしょうが・・・大さじ1

作り方

ネギをみじん切り、なすは縦4等分にカットします。

ポン酢・ごま油・桃屋のきざみしょうがに刻んだねぎを入れて、よく混ぜ合わせておきます。

なすの皮目を下にして、ごま油を引いたフライパンで焼きます。

皮に焼き目がついたら、5分ほど弱火で蒸し焼きにします。

蒸して焼きあがったなすを器に盛り、ねぎの合わせ調味料をかけたら出来上がりです!

おいしく体を温める!「桃屋のきざみしょうが」レシピで冬を乗り越えよう

今回は「桃屋のきざみしょうが」を使った生姜レシピを紹介しました!簡単にできるレシピなので、寒さ厳しい冬キャンプのメニューにいかがでしょうか。

おいしくて、冬に摂りたい栄養がしっかり詰まっている「桃屋のきざみしょうが」。体の芯から温まり風邪予防にも期待できるので、ぜひ取り入れてみてくださいね!