2018年に甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭。この代からは根尾 昂内野手(中日)、藤原 恭大外野手(ロッテ)、横川 凱投手(巨人)、柿木 蓮投手(日本ハム)の4人がプロ入りを果たし、大学でも中川 卓也内野手(早稲田大)、山田 健太内野手(立教大)、青地 斗舞外野手(同志社大)の3人が新チームの主将に選ばれた。

 大阪桐蔭の卒業生はレギュラーだけでなく、高校では控えだった選手が大学で活躍する例も目立つ。2018年の春夏連覇時に控え内野手としてベンチ入りしていた俵藤 夏冴内野手(天理大3年)もその一人。卒業後は天理大に進み、今秋のリーグ戦では規定打席不足ながら.412の高打率をマークしている。来年は主力選手として活躍が期待される俵藤に、大阪桐蔭時代を振り返ってもらった。


レベルの高い名門との出会い

高校時代の俵藤 夏冴

 愛媛県今治市出身の俵藤は友人に誘われる形で、小学3年生の時に野球を始めた。中学時代に所属した今治中央ボーイズでは1年生の頃からレギュラーとして活躍。3年生の時には日本少年野球選手権大会で4強入りを果たしている。

「1年生の頃から出させてもらって、色々経験を積ませてもらったおかげで最後の夏に良い結果が出せたので、そこは良かったと思います」と自らの中学時代を振り返る俵藤。当時から四国を代表する内野手として評判だったが、本人はさほど飛び抜けた存在だとは思っていなかったという。

 大阪桐蔭に行きたいと思うようになったのは中学3年生の春。それまでは野球を見ることにあまり関心がなく、存在も知らなかったが、甲子園をテレビで見て、進学したいという気持ちが芽生えた。

 すると、選手権での活躍が評価され、大阪桐蔭から誘いがあることをチーム関係者を通じて聞いた。「自分がまさか行けるとは思っていなかったので、声をかけて頂いて凄く嬉しかったです」と話をもらった瞬間に大阪桐蔭への進学を決めた。

 地元を離れて大阪桐蔭の門を叩いたが、すぐに先輩との実力差を痛感した。特に二遊間のレギュラーだった永廣 知紀(明治安田生命)と中山 遥斗(三菱重工East)の守備には驚かされたという。

「自分もショートをやらせてもらったので、その人たちを見本にしていたんですけど、やっぱりあの人たちのような動きは当初はできませんでした」

 先輩だけでなく、同期にも逸材が揃っていた大阪桐蔭。藤原と根尾は1年夏からベンチ入りしていたが、「意識も技術も高かったので、入って当然だと自分は思っていました」と誰もが認める存在だった。同級生が下級生から次々とメンバー入りを果たす一方で、俵藤は2年夏までベンチ入りすることはなかった。

意識が違う選手から刺激

天理大・俵藤 夏冴

 何とかチーム内で居場所を作ろうと思った俵藤は誰から指示されるわけでもなく、自主的に複数ポジションを守れるように練習した。内野全てをこなせるようになった俵藤は2年秋に初めてベンチ入り。「同期の子たちと同じ舞台で一緒にできるのが嬉しかったですね」と喜んだ。

 中川が主将になったこの年の大阪桐蔭は勝って当たり前という目が周囲から向けられていた。「注目されている中で、どのようにして勝っていくのかというのが非常に難しかった」とプレッシャーを感じていたようだが、それも力に変えてきたという。

 しかし、明治神宮大会で創成館(長崎)に敗北。選手たちの間では、「なんで負けたんやろう?」といった声も飛び交ったが、ミーティングを重ねて自分たちの課題と向き合い、原因を洗い出した。「あの負けがあったからこそ、次の年の春夏連覇に繋がったと思っています」と公式戦唯一の負けも糧にすることができた。

 3年春には選手として初めて甲子園の土を踏み、1回戦の伊万里(佐賀)戦で守備から途中出場。夢の舞台に立った嬉しさがあったと同時に緊張感もあったと当時を振り返る。

「緊張しすぎて、あまり周りが見えていなかったです。凄い歓声なのはランナーコーチをしていてわかっていたんですけど、いざ自分が試合になると、周りの声が聞こえなくなるくらい集中してできたので、凄く緊張はしていたと思います」

 この大会では準々決勝の花巻東(岩手)戦でも途中出場。2打数1安打2打点の活躍を見せた。俵藤が出場したのはこの2試合だけだったが、チームは優勝候補に違わぬ実力を発揮してセンバツ連覇を達成。そこから夏に向けても「良い声も飛び交っていたので、凄く良い雰囲気ではできていたと思います」と春夏連覇に向けて歩みは順調に思われていた。

 そんな中で大きな壁になったのが、夏の大阪大会準決勝で対戦した履正社だ。2点リードの8回裏に逆転を許し、1点ビハインドで9回表の攻撃を迎えた。この回の先頭で代打として出場した俵藤は見事、センター前にヒットを放つ。しかし、続く打者のバント小フライで飛び出してしまい、併殺でチャンスを潰してしまった。

 それでも二死満塁から怒涛の粘りを見せた大阪桐蔭がそこから3点を奪って逆転勝ち。「自分のミスでチームに迷惑をかけてしまって、そこでみんながカバーしてくれました。その流れで夏は勢いづいて最後まで勝ち続けられたので、良かったと思います」とライバルを下した勢いを甲子園でも持続させ、史上初となる2度目の春夏連覇を成し遂げた。

 俵藤は春夏ともにベンチ入りを果たしたが、出番は決して多くなかった。他の高校に行っていれば、レギュラーとして活躍していた可能性も高い。だが、大阪桐蔭を選んだことに対して後悔は全くなかったそうだ。同じ遊撃手を守っていた根尾に対しても多くの刺激を受けていたと話す。

「技術はもちろん凄いですけど、上手い選手があれだけ意識高くやっているのを見て、自分もなおさらやらないといけないなとは思っていました」

 天理大に進学すると、この経験が大きく生きることに。詳細は後編で紹介する。

(記事:馬場 遼)