樟南二vs加治木工

コールド阻止ならず!・樟南二

 加治木工は立ち上がり、7番・古川慎之介主将(3年)のレフトオーバーの2点タイムリー二塁打などで3点を先取した。

 5回は3番・辻竜也(3年)、4番・末原魁千(3年)の連打で中押し。7回は7番・古川のこの日4打点目となるセンター前2点タイムリーなどで3点をダメ押した。

 後がなくなった樟南二は7回裏、二死一二塁から1番・林拓人(3年)、2番・迫田亜義翔(3年)の連続タイムリーで2点を返し、終盤に望みをつないだ。

 加治木工は8回表、4番・末原のライトオーバー三塁打などで再び7点差とする。

 その裏、樟南二は先頭の4番・米斗師之主将(3年)がこの日2本目となる二塁打を放って得点機を作ったが、後続を断たれ、コールドを阻止できなかった。

(文=政 純一郎)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索