鹿児島工vs出水中央

3時間41分の死闘を制す・鹿児島工

 出水中央は3回、四死球、暴投で満塁とし、3番・平井聖也(2年)が犠牲フライ。ノーヒットで1点を先制した。

 4回には8番・垂門翔太(2年)がタイムリー二塁打で2点目を挙げた。

 鹿児島工は5回表、1番・原之園直(2年)のライトオーバー二塁打、野選で同点に追いつく。6回には1番・原之園、2番・中野剛優(3年)の連続タイムリーで2点を勝ち越した。

 出水中央は7回裏、二死から四球で出塁すると、1番・田中敦(3年)がレフトスタンドに2ランを放ち、再び試合を振り出しに戻す。

 8回以降、両者得点が奪えず、決着は無死二三塁から始まるタイブレークへ。鹿児島工は1番・原之園のセンター前2点タイムリーで4点を勝ち越し。その裏、出水中央は1点を返したのみで、鹿児島工が3時間41分の死闘を制した。

(文=政 純一郎)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索