日大二vs市立川越

急遽場所変更など天候に振り回されながらも、日大二と市立川越の交流戦実施

日大二・折笠利矩君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 はっきりしない天候の週末となった。この時期、高校野球は夏の本番も間近に迫ってきて、メンバーもほとんどの学校でほぼ固まってきている。そして、この週あたりから、徐々に本番モードへ向けての調整となっていくのである。ここまでは、校内で強化合宿を行ったり、強化週間として、練習メニューもこれまでになくハードにして、負荷をかけていくというところも多くあったであろう。それが、この週あたりからは、徐々に負荷を解いていって、開幕に合わせて、ベストコンディションを作っていくことになる。

 ただ、天候が不安定な時期でもあり、予定していた試合が流れたりということもよくあることだ。ただ、指揮官としてはまだまだ最終的に試したい選手や、トライしてみたい戦術などがあって、一つひとつの実戦経験は非常に大事な時期でもある。だから、何とか試合が出来そうな時は、雨上がりで多少、水が溜まったところがあっても砂入れをしたり、入念に整備をして試合を行うというケースも多い。

 市立川越と日大二は、毎年、引退試合も組んでいるという間柄である。毎年この時期に最後の試合が理を確認し合い試合を組んでいるのだが、当初は例年の様に市立川越で行う予定だった。

 ところが、前日は新潟遠征で日本文理、羽黒と試合を組んできた市立川越は、学校へ帰って来てみたら、川越地方に局地的にかなりの雨が降っており、水浸しでそのまま降らなかったとしても、翌日までに回復しないと判断した新井清司監督は、すぐに日大二の田中吉樹監督に連絡して、「そっちのグラウンドはどう?」と確認。砂入れしたら、午後からならば何とか大丈夫そうだということで、急遽、日大二のグラウンドということになった。

 こうして、前日夜に慌ただしく会場変更となった。そのため、市立川越は、バスをチャーターしてのまとまった移動が難しくなって、父母などにお願いして、何人かずつに分乗していくこととした。それぞれで運んで来てもらうという体制となった。こうして、11時過ぎに、三々五々到着するという形となった。さらには、三年生は検定試験があって、元々出席が遅くなるということになっていたので、いわゆるメンバー中心のA戦と言われている試合を第二試合にするということになっていた。

 その間に、日大二の選手たちは入念にグラウンド整備をして整えていく。こういうところにも、高校野球の意味と味わいがあるということも改めて実感した。



市立川越・鈴木優作君

 そういう中での試合だったが、日大二は田中監督が、「最終メンバーをまだ決めかねているところもある」ということで、第一試合ではベンチ入りメンバーを想定しながら、投手は小磯君、玉城君と繋いでいった。そして捕手は1年生の岩田君が務めた。

 岩田君は、日大二中時代から期待されていた捕手でもあり、田中監督が試してみたい1人でもあったようだ。将来的には中軸を打ちそうな感じの岩田君は、この試合でも最初の打席で二塁打して先制点の切っ掛けを作った。また、1番の関本君が2本の二塁打を放つなど気を吐いて存在をアピールしている。

 市立川越としては小川君、鈴木優作君共に振り切ってくる日大二打線につかまってしまい、毎回安打を浴びての10失点。試合は、7回でコールドゲームとして打ち切りとなった。

 天候も再び、やや怪しくなってきたということで2試合目はグラウンド整備をしてすぐに開始したが、市立川越は前日に羽黒を完封したという2年生の米永君が先発。新井監督としても、「今のところ、一番頼りになる投手」として、エースナンバーをつけるであろう和田君以上の期待を担っているくらいだ。

 身体は大きくはないが、内野手もこなしていけるように、運動能力の高い選手である。打者としても、初回には先制タイムリーを放った4番瀬良君に続いて6番打者として一二塁間を上手に破って2点目のタイムリー打を放っていた。

 日大二は、エース番号を担うであろう田中啓斗君が投げたが、田中君は8番ながら、打者としても活躍して2本の二塁打でいずれも得点に絡んだ。

 こうして試合は市立川越が先制して日大二が追いついてひっくり返すという競り合いとなっていったが、6回あたりからまたポツリポツリと降ってきて、結局、7回の攻防を前に雨天打ち切りということになってしまった。

 それでも、新井監督も田中監督も、「ある程度、使いたい選手は使えたし、試してみたいこともやれた」ということで、試合そのものは完結はしなかったけれども、貴重な週末を有意義には使えたということだったようだ。

(取材・写真=手束 仁)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索