東海大菅生vs明星

東海大菅生、初回の猛攻で健闘の明星を下す

 背番号6のエース・鈴木歩夢を中心とした活躍で今大会の台風の目となろうとしている明星が、絶対的な優勝候補・東海大菅生に挑んだ一戦は、明星の健闘が光ったものの、それでも余裕すら感じさせる、東海大菅生の強さも感じさせた試合になった。

 東海大菅生は今大会3試合目の登板になる新倉 寛之が先発した。エースの中村 晃太朗の負担を軽くするため、2番手以降の柱となることが期待されての登板だ。一方明星は、3回戦、4回戦で好投した鈴木が先発した。

 1回表、明星は、投打に好調の1番・鈴木が右前安打で出塁。2番・寺尾汐太が送り、経験豊富な4番・岡部幹太がセンター越えの三塁打を放ち、明星が1点を先制した。
 優勝候補とはいえ、先制されると多少の焦りが生じるものだが、東海大菅生にはそれが全くない。その裏、1番・外岡 空也が左前安打で出塁すると、2番・小山 翔暉が右前安打。明星の右翼手が打球処理をに誤り、外岡は生還。小山は三塁まで進んだ。それでも鈴木は、3番・成瀬 脩人、4番・杉崎成を打ち取ったものの、5番・西垣 大輝の右前安打であっさり逆転される。続く6番・今江 康介、7番・中村 洸星の連続二塁打でさらに2点を追加する。

 抜群の制球力で、ストライク先行させ、早いカウントから打者を打ち取っていた明星の鈴木であるが、東海大菅生クラスの打線になると、ストライク先行だと狙い打たれる。
「ストライクだけで勝負したら打たれる。冷静に考えることができるようになりました」と鈴木が語る2回以降は、走者を出しながらも、東海大菅生に得点を許さない。その一方で、これまで鈴木の1試合の投球数が90球程度であったが、5回でその投球数に達した。それだけ緩急やコースを投げ分ける、鈴木と捕手の工藤正宗の苦心の投球が光る。

「打てそうで打てないというのは、一番嫌ですね」と若林弘泰監督は語る。しかしながら、新倉をはじめとする守りが安定しており、危なさは少しもない。
 7回裏、東海大菅生は、好投の新倉の打順で代打・玉置 真虎を送る。控えといっても、正選手と遜色ない力を持つ玉置は左前安打で出塁。明星としては珍しい捕逸で二塁に進み、1番・外岡の二ゴロで三塁へ。2番・小山の右犠飛で生還し、貴重な追加点を挙げた。

 新倉に代打を送ったことから、8回表からは、エースの中村晃が、今大会初のマウンドへ。「ずっと投げたかったです」と言う中村 晃。若林監督としても「登板間隔が空いてしまうので」と語るように、今後もにらんでのエースの投入である。
 中村晃は、最初はやや力みもあったものの、2回を無失点に抑え、結局東海大菅生が5対1で勝利した。
明星の鈴木は、敗戦投手にはなったものの、東海大菅生打線を5失点に抑えたのは、健闘といえる。鈴木自身「今日の試合は自信になりました」と語るように、胸を張れる内容だ。鈴木の高校野球は終わったが、1、2年生にも力のある選手がいるだけに、この試合からステップアップしてほしい。

 勝った東海大菅生は、9回まで試合をすること自体珍しい感じがするほど、戦力が充実している。3番・成瀬、4番・杉崎に当たりが出ていないのが気がかりだが、準々決勝以降の戦いに向けて、視界良好といったところだ。

文・(大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6〜7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索