創価vs世田谷学園

創価、世田谷学園のミスを逃さず、好投手・細田を攻略

 秋季大会の時、世田谷学園の成瀬智監督は、「このチームは、ここ10年くらいで一番まとまりがあります」と語った好チーム。その中心にいるのが、ツーシームをはじめ多彩な変化球を投げる細田 怜希だ。
 細田は1回、2回を三者凡退で抑える快調な立ち上がり。
 一方創価は、年末にキューバ遠征を行った東京代表にも選ばれているエースの古川 風勝が先発した。しかし古川の状態は今一つ。1回裏の二死一、三塁のピンチは得点を許さなかったものの、2回裏には、6番・山本啓太の左前安打、8番・秋山颯志朗の死球、9番・細田の左前安打などで一死満塁とし、1番・野口敬裕の左前安打で世田谷学園が1点を先制する。

 創価は3回表からは古川に代わり、2年生右腕の森畑侑大が登板した。森畑は球威があり、フォークなどの変化球も鋭く、将来性を感じさせる投手だ。森畑が3回表の世田谷学園の攻撃を3人で抑えたことで、流れが変わった。
 その裏創価は、中前安打の杉田峻磨を二塁に送り、二死二塁。1番・大野匠の遊ゴロを、世田谷学園の遊撃手・飯田響太が捕り損ねたうえに、慌てて一塁に送球したところが悪送球。杉田が生還し、大野は三塁に進む。動揺を隠せない細田が不用意にストライクを取りに行った球を2番・島本康平が叩き、左中間を破る三塁打になり、大野も生還。さらに3番・宮原光夫の右前安打で島本も生還した。

 細田の動揺は収まらず、4回裏も二死二塁から、8番・杉田が初球に不用意にストライクを取りに行った球を捉えると、右中間を破る三塁打となり、創価がさらに1点を追加した。世田谷学園の細野は、5回以降は味方の好守もあり、走者を1人も出さない本来の投球に戻っただけに、3回の味方のエラーと、4回の不用意な投球が悔やまれる。

 一方創価の森畑は、走者を出してもキレのある球と落ち着いた投球でホームを踏ませない。9回表は世田谷学園の7番・佐々木大地の左中間を破る三塁打などで1点を返したものの反撃もここまで。4対2で創価が逃げ切り、準々決勝進出を決めた。

 試合後、世田谷学園の野崎監督は、「大事なところでミスが出てしまいました。(3回、4回の)あそこだけなんです。紙一重なんですが、これが高校野球ですね」と語る。また好投していた細野は、「自分がちゃんと助けないといけないのに、気持ちが空回りしてしまいました」と、涙ながらに声を振り絞った語った。

 一方、創価の好リリーフをした森畑は、「少し緊張しましたが、自分の投球ができました」と語る。創価は秋、春とも都大会の2回戦で敗れ、その存在感を十分に示していなかったが、夏に向けて、確実にチーム力を上げて来ている。

文・(大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6〜7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索