聖望学園vs春日部

聖望学園、投打がかみ合い、7回コールド勝ちでベスト16

 西部地区の強豪・聖望学園と、東部地区を代表する伝統校・春日部との対決。試合は聖望学園が序盤から優位に進めた試合となった。

 1回裏、聖望学園はいきなり無死満塁のチャンス。ここで高いコンタクト力を誇るスラッガー・堀田が打席にたち、押し出し四球で先制した。ここで先発の西谷が降板。背番号1の大音がマウンドに登る。しかし大音も押し出し死球。その後、7番・田島祐(3年)の右前安打で1点を追加し、3回裏には二死一、三塁から9番清水星哉(2年)が甘く入ったスライダーを逃さず、左前適時打で1点を追加。

 しかし4回表、春日部は二死一、二塁から6番成瀬 琢哉(2年)の左前安打、7番吉田悠人(3年)の中前適時打で2点を返す。だが、4回裏、聖望学園は無死一塁から4番堀田の場面でヒットエンドランを敢行し、堀田は右前安打で一塁走者は三塁へ。5番川元健太郎(3年)の適時打ですかさず1点を追加すると、さらに犠飛で6対2と突き放した。さらに5回裏には川元の3ラン、7番田島の適時二塁打、8番青木空の適時打で11対2と大きく突き放す。聖望学園は川元の打撃が素晴らしい。弧を大きく描いたスイング軌道から高いコンタクト力を発揮し、長打を連発する。また遊撃手の田島も遊撃守備は切れが良く、肩も強い。打撃もしっかりと振り切ることを意識しており、打球が鋭い。大学以降の進化が楽しみな選手だ。

 聖望学園は先発・星野が右サイドから125キロ前後の速球とスライダーを投げ分け、6.1回まで2失点の好投。7回一死から左腕・沼澤大斗(3年)が登板し、1人きり。7回裏二死から園田周(2年)。園田は177センチ83キロとがっしり体型の右腕。コンパクトなテークバックから振り下ろす直球は常時130キロ中盤(最速133キロ)を計測。直球の勢いはなかなかのものがあり、来年は140キロ越えも十分見込めるポテンシャルを持った逸材だった。

 園田が最後の打者を抑え、聖望学園は7回コールド勝ちで5回戦進出を決めた。

 攻守ともにがっしり噛み合った聖望学園。この夏も優勝争いに加わってきそうだ。

敗れた春日部は控え部員、学校生徒、父母会、OBが一体となった応援は統率されており、甲子園の応援団の表彰制度では、優秀賞を受賞してもおかしくないぐらいの完成度の高さ、マナーの良さがあった。

(文=河嶋 宗一)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会
■開催期間:2019年7月10〜7月28日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会】
■展望コラム【今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!】


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索