桜美林vs都立保谷

2本の本塁打で都立保谷を圧倒!桜美林が

 ダイワハウススタジアム八王子の第2試合では、桜美林と都立保谷がベスト8を懸けて激突した。
 試合は、4回戦の都立石神井戦で11得点を挙げた桜美林が、勢いそのままに打線が力を見せる展開となった。

 先制は3回、桜美林は無死満塁のチャンスを作ると、打席には4番の籾山哲哉が入る。
 「チャンスだったので、初球からフルスイングするつもりで打席に入った」と語る籾山。真ん中付近に入ってきた変化球をフルスイングすると、打球はライトスタンドに飛び込むグランドスラムとなり、桜美林は一気に4点を先制。この1本で打線が勢いづいた桜美林は、ここから一気に畳みかける。

 4回に、1番・小林のタイムリーツーベースで1点を追加すると、4回には8番・金沢誠志に会心のスリーランホームランが飛び出しさらに3点を追加。5回までに8得点を挙げた桜美林が、試合を完全に支配した。

 投げては、先発のエース・斎藤敦也が安定感抜群の投球を見せる。斎藤は、決して突き抜けた特徴を持つ右腕ではないが、実力校のエースらしくピッチングが非常に上手い。時には技で、また時には力でバッターを押し切り、都立保谷打線に隙を与えない。斎藤の好投が桜美林の勢いに拍車をかけ、試合は桜美林のリードのまま進んでいく。

 少しでも点を返していきたい都立保谷打線だが、なかなか桜美林の齋藤を打ち崩すことが出来ず、5回に小野寺颯人のタイムリーツーベースで1点を返すのが精一杯。
 都立保谷は最後まで斎藤のペースを崩すことが出来ず、試合はそのまま7回コールドの8対1で桜美林が勝利し、ベスト8進出を決めた。

 5回戦を突破した桜美林は、準々決勝で日大三と対戦することが決まった。先制の満塁ホームランを放った籾山は、日大三の好投手・井上 広輝と廣澤 優の二人を意識しつつ、準々決勝への意気込みを口にした。

 「相手のレベルも上がるので、当てにいったら打てないと思います。早めにトップを作って対応していきたいと思います」

 日大三と桜美林の準々決勝は、7月24日に明治神宮野球場 にて行われる予定だ。東京きっての実力校同士のがっぷり四つの戦いに期待したい。

(文=栗崎 祐太朗)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7〜7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索