千葉経大附、新体制後、初の秋県大会初勝利!高い打撃技術は旋風の予感あり

先発・藤田俊平(佐倉) 

 2019年には春季大会ベスト16入りするなど近年健闘を見せている佐倉。私学相手にも引けを取らない戦いを見せるなど、県内屈指の進学校でありながらも実力ある戦いを見せ、注目度が高まっている。対するは千葉経大附。元西武の森博幸氏が2019年春に監督に就任。強豪・山梨学院で部長を務めた松崎氏が部長に就任。松崎部長の粘り強いリクルート活動と、森監督をはじめとした指導スタッフのハイレベルな指導により、チームを強化してきた。

 両校は2018年秋にも対決しており、その時は桜が勝利し、ベスト16入りを決めている。この試合で佐倉は近年の躍進につながり、千葉経大附は長い低迷に苦しんできた。その千葉経大附もこの夏、ブロック決勝まで勝ち進み、復活の兆しを見せた中で対決が実現した。

 まず1回表、二死一、二塁のチャンスから4番・高橋 渓の左前適時打で1点先制。1点を失った千葉経大附の先発・髙木柊希は120キロ前後の直球、カーブ、スライダーを丁寧に投げ分け、出塁を許しながらも粘り強く抑える。

 一方、佐倉の先発・藤田 俊平は120キロ中盤の速球、スライダーをテンポよく投げ込む好左腕。球場によっては120キロ後半を計測していてもおかしくないほどの球威があり、能力的には悪くない。また保守の

 藤田の前に苦しんでいた千葉経大附打線だったが、5回裏、1番・大森優輝の適時二塁打で同点に追いつく。そして7回裏、ついに藤田をとらえる。8番小野大輔の右中間を破る二塁打でチャンスを作り、8番・倉方幹也の二塁内野安打で無死一、三塁のチャンスから9番高木の犠飛で勝ち越し。さらに1番大森の右中間を破る適時三塁打で、3点目。さらに2番・崎山博音の適時打で4点目を入れた。8回裏にも8番倉方の右前適時打で5点目を入れた。



3番ライト・磯ヶ谷裡雄(千葉経大附)

 千葉経大附の打者陣の能力は非常に高い。光るには対応力の高さだ。フォームに着目してみると、まず構え方が良い。ゆったりと構える姿は実にバランスが良く、トップも大きく引きすぎることはなく、しっかりと位置が決まっている。これは森監督の指導だという。この日、2長打2打点の活躍を見せた大森は足でタイミングをとることを教わった。

「入学当時は上半身で打つ癖があったんですけど、下半身でタイミングをとることを意識して、タイミングの取り方が良くなり、しっかりと呼び込んで打てるようになりました」

 まだ1年生としてはかなり力量が高い選手ではないだろうか。また、3安打の3番・磯ヶ谷裡雄も楽しみな右の大型外野手。どっしりと構える姿は雰囲気があり、振り幅が大きいスイングで長打を量産する強打者だ。地肩の強さもまずまずのものがあり、長打力が増せばもっと注目される可能性がある。3安打を記録した小野拳聖は千葉経大附の打者の中では最も技術的に優れた右打者。構えの安定感、下半身の強さを生かした力強く、なめらかなスイングから放たれる打球の速さはかなりのものがあり、1年生と聞いて驚いた打者だ。彼らのほかにも1年生15人がベンチ入り。

 「一戦、目の前の戦いをしっかりと戦っていくだけです」と次戦へ向けて意気込んだ森監督。伸びしろたっぷりの選手たちが一戦を経てどう成長ししていくのか楽しみだ。

(記事=河嶋 宗一)