この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

フルスイングの駒大高、二塁打6本で錦城学園を圧倒

駒大高1番・梅澤誠司

 この夏の西東京大会で準々決勝に進出した駒大高も、東東京大会で初戦敗退ながら東京成徳大高と大接戦を繰り広げた錦城学園も、夏のメンバーが多く残っている。錦城学園は特にエースの梅澤忠央も残っていることが心強い。しかし前日に行われた1回戦からの連投なのが、気になるところだ。

 一方駒大高は、投手陣は入れ替わった。「夏はいいピッチャーがいましたが、今は投手力が落ちます。その分、とにかく打って、ビッグイニングを作ることです」と、駒大高の川端教郎監督は語る。その言葉の通り、駒大高は疲れの残る錦城学園の梅澤を打ち崩し、圧勝した。

 駒大高の川端監督が重視するのは、梅澤誠司、大根田拓也、矢崎蒼空と連なる打順の1番、3番、5番だ。その間に入る2番・年田博昭は小技ができ、4番の長岡皐樹は、夏のメンバーには入っていないが、「普通なら4番は矢崎でしょうが、長岡がアウトになっても、次に矢崎がいることに意味があります」と川端監督。新チームでは主将も務める矢崎は、昨年の秋季都大会では関東一の市川 祐から本塁打を放つなど実績もある。

 この試合では、矢崎の安打はなかったものの、下位打線も長打を放つなど、破壊力を見せつけた。

 1回表駒大高は1番・梅澤がいきなり二塁打を放つが、この回は得点がなかった。けれども2回表は7番・八木朝飛の二塁打をきっかけに、8番で先発投手でもある長谷川心風、9番・粟生田璃空、2番・年田が単打を連ね3点を先制。

 4回表も1点を追加した後、5回表はあっさり二死になりながらも、3番・大根田の二塁打に4番・長岡の左前安打で1点を追加し、その後、敵失も重なりこの回4点を入れる。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

 駒大高の先発・長谷川は、サイドから変化球を駆使し、球に速さはない。そのことが逆に錦城学園を戸惑わせ、ほとんどの打者が打つタイミングが早く、打ち取られたり、打球がファールになったりする。

 「日大三や日大鶴ヶ丘などと練習試合をして、速いボールへの対応は練習して来ました。今日も速いボールのピッチャーが来ると思ったのですが」と、錦城学園の玉木信雄監督は言う。

 錦城学園は、3回裏に1番・大場龍之介の二塁打に、中堅手の失策などで一死二、三塁のチャンスを作ったものの、得点できず、7回までに安打はわずか5本。駒大高の長谷川は緩い球で錦城学園を翻弄した。

 駒大高は7回表も1番・梅澤、4番・長岡、6番・相生哲太に二塁打が出て3点を追加。11対0の7回コールドで錦城学園を圧倒した。

 錦城学園は夏のメンバーが多く残り、力はあるはずだが、駒大高の打線のパワーに圧倒され、長谷川投手の緩い球に翻弄され、思わぬ大差の試合になった。「鍛え直して、春頑張ります」と錦城学園の玉木監督は、捲土重来を誓った。

 駒大高は接戦になった時にどのような試をするか気になるが、一度火がつけば止まらない打線は相手校にとって脅威になる。都大会でどこまで暴れるか、注目のチームであることは確かだ。

(記事=大島 裕史)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています


錦城学園・梅澤忠央
駒大高4番・長岡皐樹
2安打の錦城学園1番・大場龍之介