3ランで主導権・鹿児島情報

鹿児島情報・盛

 立ち上がりから押し気味に試合を進めていたのは鹿児島情報。初、2回は二死一、三塁、3回は一死満塁と複数の走者を出したが、いずれもあと一本が出なかった。

 鶴丸は3回裏、二死から四球で出塁した9番・郡山直樹(2年)が二盗、三盗を決めて初めて三塁に達するもこちらも得点ならず。

 5回表、鹿児島情報は一死二、三塁とするも、ショートゴロで本塁タッチアウト。チャンスは潰えたかに思われたが、6番・上田晴大(2年)が1ボール2ストライクと追い込まれながら、4球目をレフトスタンドに放り込む3ランを放って先手を取った。

 8回は3番・盛海童(2年)の犠牲フライ、9回は代打・玉利聡太(2年)のセンター前タイムリーで追加点を挙げた。先発の左腕・盛は9回一死まで投げて10奪三振の好投だった。

 鶴丸は9回裏、二死から連続四球で粘るも、最後まで本塁が遠かった。

(取材=政 純一郎)