同点劇も実らず・出水

 加治木と出水、地方進学校同士が白熱した点の取り合いを演じた。

 先手を取ったのは加治木。2回裏、二死から下位打線が粘って満塁のチャンスを作り、2番・寺原柊斗(2年)のレフト前2点タイムリー、3番・多賀琢真(2年)の走者一掃レフトオーバー三塁打で計4点を先取した。

 出水は直後の3回表、3番・堀元彩暉(2年)のセンター前タイムリー、4番・松下和人(2年)のレフトオーバー二塁打、6番・野田竜之介(2年)のライト前タイムリーで瞬く間に同点に追いついた。

 4回裏、加治木は3番・多賀のレフトオーバー二塁打、4番・久木田駿太(2年)のセンター前タイムリーで2点を勝ち越す。

 出水は6回表、一死満塁から押し出しと4番・松下のレフト前タイムリー。三走が生還し、二走が本塁を狙うも三本間で挟まれタッチアウト。勝ち越しはできなかった。

 その裏、加治木は先頭の1番・石元亮雅主将(2年)がライトオーバー三塁打。2番・寺原のレフト前タイムリーで3度目の勝ち越しに成功した。

 3回途中からロングリリーフだった2番手・市井川颯大(2年)が7回以降は無失点で切り抜け、1点差を守った。

(文=政 純一郎)