毎回得点でコールド勝ち・鹿児島南

 初回に1点を先制した鹿児島南は2回表、二死二、三塁として、ボークと9番・中薗 璃久主将(2年)のライト前タイムリーで2点を加えた。

 3回表は4番・大峰 将弥(2年)、5番・中薗 悠史(2年)の連続長打で2点を追加。4回は2番・久留 久暉(2年)、3番・徳留 和哉(2年)の連続長打などで計4点をダメ押し。5回まで毎回得点でそつなく畳みかけた。

 曽於は1安打に抑えられ、二塁を踏めなかった。

(文=政 純一郎)