9回、意地の2点・連合④

 3回裏、甲南は二死から四球、ヒットで一、二塁とし、二塁けん制悪送球の間に二走・山之内 慎主将(2年)、一走・切通 陽平(2年)が生還し、2点を先取した。

 6回裏は二死二塁で5番・下茂 大誠(2年)のライトオーバー三塁打と暴投で2点を追加した。

 初回の二死二、三塁、2回の二死一、二塁の得点機を生かせなかった連合④は、8回まで甲南の先発・塩屋 雄也(1年)にテンポ良く打ち取られ、付け入るスキを見出せなかった。

 9回表、先頭の4番・中野 凛(2年)が内野安打で出塁。四球、暴投などで一死一、三塁とし、暴投で1点を返した。更に8番・平藪 健人(2年)がセンター前タイムリーを放って3点差に詰めよる。意地の2点を返し、なおも二死満塁と反撃ムードも高まったが、ここまでだった。

(文=政 純一郎)