3回、連打で大量6得点・樟南

 夏秋連覇を目指す樟南が序盤から畳みかけた。

 初回、3四球、2つのエラー、4盗塁と相手のミスも絡みながら、打者一巡で4点を先取した。

 2回にも2点を追加。3回表は二死から9番・森 亮斗(2年)が四球を選び、1番・西窪 大翔(2年)のレフトオーバー二塁打を皮切りに5連打。四球を挟んで6安打を集中し、打者12人で6得点のビッグイニングを作って3回までに12点と大きくリードを奪った。

 鹿児島水産は3回裏、こちらも二死から3連打を浴びせる。2番・嶋岡 朔大(1年)のセンター前タイムリーで1点を返し、相手のエラーで一走・坂元 駿斗(2年)も生還して2点目を挙げた。4、5回も走者を出したが追加点を奪えず。樟南が5回コールド勝ちした。

(文=政 純一郎)