この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

星稜は逆転サヨナラで初戦突破

サヨナラ勝ちを喜ぶ星稜ナイン

 2点を追う星稜が9回裏、3点を奪い、5対4でサヨナラ勝ちした。

 東海大諏訪・吉澤光貴、星稜・武内涼太の両先発は制球が不安定で、四球の走者を出す苦しい内容。2対2で迎えた8回表、東海大諏訪は星稜の3人目・エースのマーガードを攻め、2死二、三塁から9番吉澤がレフト越えの二塁打を放ち、2点を勝ち越した。

 2点を追う星稜は9回裏、連続四死球と犠打で1死二、三塁として犠飛で1点差。さらに2死三塁で4番若狭 遼之助がレフト線を破る二塁打を放ち同点に追いついた。

 ここで東海大諏訪は右の大野甲四郎にスイッチ。しかし星稜は内野安打と盗塁で2死二、三塁と好機を広げ、6番荒木陽翔の当たりが、ふらふらっとライトの前に落ち、三走がかえってサヨナラ勝ちとなった。

 星稜は3投手が10四死球と乱調でリズムに乗れなかったが、逆にもらった6つの四死球を得点に絡め、辛くも勝った。

 星稜の林和成監督は「守備のリズムがつくれず攻撃に影響し思うような展開に持ち込めなかった。最後は生徒の力。褒めてやりたい」と厳しい試合を振り返った。

 東海大諏訪は、星稜投手の荒れながらも力のあるボールを打ちあぐね、9三振を喫するなどたたみかけられなかった。

(取材=小池 剛)



9回途中からリリーフの東海大野

9回、同点打を放つ星稜4番の若狭

サヨナラ打星稜荒木