画像は絶頂期⁉の河井案里ポスター

 

東京都知事選挙が6月20日告示された。広島を代表して?「時代を動かせるチャンス」「東京を動かそう」と旋風を巻き起こしている石丸伸二元安芸高田市長の注目度が高まっている。

 

 

ところで「東京」じゃなくて「東京地検」などを動かして、選挙をグダグダにしただけでなく多くの人々を巻き込み、中には命を落とした人もいるという、とんでもないことをやらかした、広島最低とおぼしき夫婦がいる(いた?)。2019年の参院選挙で巨額の資金を受け取り、バラまいた河井夫妻だ。

 

今なお、カネを受け取った側は裁判で無実を証明しようとしている。例年もらっているお金だ、というのが受け取った側の主張だが裁判所は首を縦には振らない。

 

ところできょう6月21日付中国新聞一面に、河井案里の陣営に届いた巨額資金に関する話が詳しく紹介されている。同紙は「金権政治」に対して鋭く切り込む連載や独自ネタの公表を続けている。

 

その記事の最後の段に「大規模買収事件ではこの1億5千万円のほか」「安倍政権幹部からの6700万円の裏金」「選挙運動費用の2688万円を合わせると2億円を優に超える」とある。

 

当時、メディアはテレビも新聞も「1億5000万円が河井案里陣営に渡り、溝手陣営は1500万円」と繰り返し報じていた。

 

だが、そうではないメディアもあった。そう、ひろスポ!だ↓

 

特報!自民党本部から河井夫妻党支部に入金された「破格の選挙応援金」は「1億5000万円」じゃなくて「2億円」だった!?>
※この記事下、関連記事参照

 

2021年5月21日、わざわざ「特報」とまで打って報じたのに、当時はどこも食いついてこなかった。だが、正しかった。

 

広島最低?夫婦のせいで広島が被ったキズも深い。未だに河井夫妻がバラまいたカネの出所を確定させるような情報はない。中国新聞が再三、報じているように証拠となりそうなメモの存在などがあるにもかかわらず、だ。

 

検察や裁判所が「正義」を持ってそれぞれの役目を果たしている、とはとても思えない。警察もしかり。今、報じられている鹿児島県警はもはや「お前はもう死んでいる」状態だが広島県警が最近やらかしてきた数々のエラーを思えばとても笑ってはいられない。

 

以下、ひろスポ!の河井夫妻関連記事を貼り付けておく。(ひろスポ!デルタルハンター班)

※デルタルハンター…パソコン1台を武器にネット上のオープンソースからデーモン・プーチンのような地上に存在する災いや巨悪の動きを正確に暴くデジタルハンターを模した造語である。広島市は三角州(デルタ)上に形成されており、デルタルハンターはネット上の情報と街中などで集めた情報を総合的に勘案してそれを記事にまとめる。

本家のデジタルハンターはNHKで再三取り上げられており、インターネット上にある情報、画像、動画などを検証して、事件・事故・国際紛争などにおける事実を導きだす、オープン・ソース・インベスティゲーション(公開された情報源の調査)で、ターゲットの大半が権力者側にとっての「不都合な真実」である。

 

ひろスポ!関連記事