王者を追い詰めた福山平成大学、中国学連から準優勝の快挙!全日本大学バレー男子

王者を追い詰めた福山平成大学、中国学連から準優勝の快挙!全日本大学バレー男子

トップ画像は福山平成大学キャンパス

 

全日本インカレ、バレーボールの全日本大学選手権男女の決勝などが12月2日、東京・大田区総合体育館であった。女子は筑波大学が青山学院大学をセットカウント3−1で下し9年ぶり7度目の優勝を果たした。

注目の男子は連覇を狙う早稲田大学に今大会大躍進の福山平成大学が挑んだがセットカウント1−3で敗れ準優勝、しかし「ベスト4」を目標に臨んだ大舞台で、関東学連の日本体育大学、日本大学、東海大学を破り、中国学連勢として初の決勝に進んだことで一躍、その名を全国に轟かせることに成功した。

勝ち方を知っている早稲田大学を相手に第1セット、いい立ち上がりを見せた福山平成大学。一時は拮抗した展開に持ちこんだがこのセットを23−25で落とした。

第2セットも24−26。わずかに及ばないまま追い込まれた福山平成大学は第3セット、声と気迫を出しながら逆襲!20−16とリードすると主将の迫田郭志(四年、オポジット)が強打とフェイント、硬軟織り交ぜて23−17。西本圭吾(2年、ミドルブロッカー)の強烈なスパイクとともにその雄叫びがアリーナに響き渡り、ついに1セットを奪い返した。

早稲田大学の面々がやや表情を変え始めた第4セット。3−6とリードされた福山平成大学は三好佳介(2年、ミドルブロッカー)ら下級生も奮起。迫田郭志がワンタッチを取って9−9に追いつくと12−12、12−13となったところでラリー。ここで早稲田大学が粘ってポイント。12−14。

そのあと16−18まで福山平成大学も食い下がったが、ここで相手の一撃を止められずタイムアウト…しかしその後は相手の巧さと強さに対応しきれず、10−25で勝負あり、となった。

11月27日から毎日1試合、計6試合を戦い最後はガス欠気味になった福山平成大学だったが、それでも今大会に残した足跡は大きい。

初戦の東京学芸大学戦をフルセットの末に勝ち切り勢いづくと、2回戦では広島対決の広島大学をセットカウント3−0で下し、3回戦では日本体育大学もセットカウント3−1で撃破、この勝利でにわかに注目を集め、準々決勝では日本大学にストレート勝ち。準決勝の第2シードの筑波大学を破って勝ち上がってきた東海大学もセットカウント3−1で押し切った。

「平成最後の大会なので、“平成”頑張ります」と話していた松井弘志監督も「最後はみんな疲労困憊でしたが、結果は上出来でした!」と選手たちの健闘を讃え納得顔だった。


関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索