速報!サンフレッチェ広島、ハイネルのスーパーゴールで追いつくがPKで涙、天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 Round16

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 Round16
サンフレッチェ広島vs大分トリニータ
エディオンスタジアム広島、9月18日午後7時キックオフ

サンフレッチェ広島先発

GK 大迫勇也
DF 野上結貴
DF 荒木隼人
DF 佐々木翔
MF エミル サロモンソン
MF 柴崎晃誠
MF 松本泰志
MF 柏好文
MF 東俊希
MF 森島司
FW 渡大生

サブ
林卓人、井林章、稲垣祥、青山敏弘、ハイネル、川辺駿、松本大弥

大分トリニータの3トップは真ん中にオナイワ阿道、右に小塚和季、左に伊藤涼太郎。

キックオフ早々からオナイワ阿道と荒木隼人の鍔迫り合いが続く。

サンフレッチェ広島は前半、見せ場なしのまま34分、自陣ボックス内で左右に振られ、マークがズレたところをFW伊藤太郎に先制ゴールを決められる。

前半0−1で折り返し。

後半、エミル サロモンソンOUT、ハイネルIN、そのまま右ウイング

後半もイマイチ、リズムの出ないサンフレッチェ広島は17分、渡 大生に代えて川辺駿をピッチへ。同時に森島司が右へ入り、ハイネルがワントップへ。

するとハイネルにボールを集めることで徐々にリズムが生まれ始める。

後半20分、川辺駿が粘って、最後はハイネルのミドル。わずかにコースがズレる。

城福浩監督は後半25分まで待って、松本泰志に代えて横浜F・マリノス戦先発出場から中3日の青山敏弘も投入。

これで最終ラインと両サイドでのパスが面白いように繋がるようになり、サンフレッチェ広島のボール保持率が大幅にアップ。

そして後半35分、柴崎晃誠の浮き球パスにゴール前に張るハイネルが反応。バイシクルで完璧にとらえるスーパーゴール。1−1で延長へ。

延長でも勝負がつかず、PK戦へ。10人目の柴崎晃誠が止められてサンフレッチェ広島、敗退…


ひろスポ!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索