森下暢仁

 

 

前回、マツダスタジアムでの今季初対戦では辛くも西勇輝に投げ勝った形になった森下暢仁。

しかし今回(4月14日甲子園)は前回対戦で2打席連続空振り三振に仕留めた佐藤輝明に四球を与えたことから思わぬ展開に引き込まれた。

以下、携帯サイト「田辺一球広島魂」速報より両右腕の投げ合いを再現…

 

1回表

菊池…3−1まで見て、シュートをいきなり左前打、快音、やや詰まり

安部、低目にストライク2つ、何もできず、間をあけて逃げる球の頭叩いて二ゴロ、二塁だけアウト

龍馬…西勇輝ここはさらに慎重、ファウルのあと外に2つボール、シュート空振りだが安部走って梅野の送球逸れ二盗、ファウル、落ちる球を龍馬打ち、セカンドハーフライナーで安部飛び出してライナーゲッツー

 

 

1回ウラ

近本…2球目中飛

 

前回対戦で唯一の糸原…2−2から快音ファーストライナー

 

マルテ…初球三ゴロ、安部の送球逸れたがアウト、2分で終了

 

 

2回表

誠也…外と内でフルカウントから6球目は内角シュート、詰まった遊ゴロ

 

坂倉…ストライクと空振りのあと坂倉簡単にはやられない、5、6、7球目ファウル、8球目外ボールでフルカウント、9球目二ゴロ

 

長野…シュートとカーブで2ストライク、3球目チェンジアップ完全なる空振り三振

 

 

2回ウラ

大山…初球中飛

 

サンズ…ストライク、ワンバン、ファウルで1−2、150キロ高目ボール、また149キロ打って右邪飛

 

佐藤輝明…ここで初めてカーブ外にボール、151キロ左にファウル、内角カットはボール、内角152キロボールさらっと見た佐藤輝明、カーブ外に流れて四球、佐藤輝明なかなか振らなくなった

 

梅野…初球遊ゴロ、しかもベースの近くなのにポロリ、菊池にトスしたが間に合わない、エラー

 

中野…2ボールからの151キロをひと振りでとらえた、右前打を誠也バックホームもセーフ、森下今季初失点

 

なお二死一、三塁で西勇輝…149キロ空振りものすごいミットの音、150キロストライク、ここで一塁牽制球、149キロをファウルさすがは西勇輝、次も打った…一ゴロ

 

T1−0C

 

 

3回表

最高の投手戦のはずが田中広輔の凡ミスで思わぬ展開…まずどうやって追いつくか?

 

メヒア…1−1から三ゴロだが大山の送球中途半端、マルテよく捕った

 

田中広輔…1−1から軽打してセンター前に落としたヒット

 

森下…初球文句なしバント、二死二塁

 

菊池…内角シュートボール、浮いてボール、膝元もボール、何度も首振って投げたストライク、外いっぱい136キロストライク、外の球ファウル、143キロ打ち上げて捕邪飛

 

 

3回ウラ

近本…2−2からの6球目は低目のカットボールこれをうまく打った、菊池の左だが捕れそう…グラブ弾いてセンター前ヒット

 

糸原…牽制球挟みながら2−2,150キロ浮いてフルカウント、150キロ左へファウル、118キロカーブハーフスイング三振だが近本は二盗

 

マルテ…2−2までマルテ見た、5球目叩きつけて二ゴロ

 

二死三塁で大山…カーブ外ボール、149キロストライク、152キロ右へファウル、カーブ打って遊ゴロだが田中広輔の守備がガチガチ

 

 

4回表

安部…3球目空振り、4球目ファウル、5球目スライダー空振り三振

 

龍馬…低目と遠目、3−1から四球、相当警戒している

 

誠也…1−2誠也なかなか振れない、4球目あっさり空振り三振落ちるチェンジアップ

 

坂倉…初球遊ゴロ、中野の方が落ち着いて守っているように見える

 

西勇輝から点取るなら一発しかないか???

 

 

4回ウラ

サンズ…1−1からカーブが2つボール、まだカーブはひとつも入っていない、真っすぐボールで四球

 

佐藤輝明…149キロストライク、膝元空振り、ここでカーブ113キロを振り上げた、ライトスタンド甲子園1号…一発が出たのは阪神の方だった

 

梅野…1ボールから中前打

 

中野…1−2まで見て4球目低目をまたミート、センター龍馬下がってキャッチ、危ない打球

 

やっと一死一塁で西勇輝…これまた森下以上にうまいバント、二死二塁

 

近本…ボール、空振りカーブ、ボール、空振り、投ゴロ

 

森下この回20球で69分、悔いの残る10分になった

 

T3−0C

 

 

5回表

長野…初球低目空振り、3球目インハイどん詰まり二ゴロだが送球マルテ捕れず内野安打

 

メヒア…引っ張りファウル、引っ張りファウル、外ボール、引っ張りファウル、ワンバン、内角143キロシュートもボールでフルカウント、引っ張ってファウル、引っ張って三ゴロだが長野はスタート切っていた、一死二塁

 

そして田中広輔…初球泳いて一ゴロ

 

二死三塁で森下…144キロ内角シュートボール、インローいっぱい145キロストライク!また内角シュートをファウル、森下打ち気満々、そこを見透かされて外に緩いボール球チェンジアップ、バット出て三振

 

やはり西勇輝は手ごわい、14、18、14、15,16球球数が一定…

 

 

5回ウラ

糸原…快音初球右前打カットボール

 

マルテ…カーブはまたボール、で2球目ドライバーショット…ファンがほとんどいないレフトスタンドへ…130メートル弾、131キロのカットボールが高い

 

大山…1ボールからまた快音、左飛

 

サンズ…5球目カーブ遊ゴロ、田中広輔懸命に守る

 

この佐藤輝明の四球から始まった…初球カーブストライク、148キロファウル、3球目捕ゴロ

 

五回5失点…の森下、次が心配になってきた、ここまで5戦4勝、阪神打線のファーストストライクから振ってくる打撃の前に炎上…1試合で2発…5回82球で降板

 

T5―0C

 

 

6回表

菊池…2ボールから2−2、詰まった三ゴロ

 

安部…2−2から5球目低目を簡単に見逃して三振、これを振っていかないと打開できない

 

龍馬…初球さすがだ、うまく打ったがやや延びて突っ込んできたセンター近本キャッチ、11球でスリーアウト

 

 

7回表

誠也…115キロカーブ打ち上げて左飛

 

坂倉…1−1から中前打、これで西勇輝からやっと4安打

 

長野…3打席連続初球ストライク、ハーフスイング、内角わずかにボール、インハイシュートファウル、インローボール、沈む球の頭叩いて三ゴロ、アウトは二塁だけ

 

メヒア…外の球をバットの先で打って左飛

 

 

T6−0Cで8回表

西勇輝は104球

 

田中広輔…1−1から三ゴロ

 

ケムナの代打矢野、田中広輔に代わるスタメンの準備、2ボールから空振り、ハーフスイング、ボール、ハーフスイング三振

 

菊池…3−1からバット折れて遊ゴロを中野ポロリ、エラー

 

安部…ファウルでここもバット折れた、7球目外へボールでフルカウント、ファウル、アウトロー142キロここも見逃し三振…、3連続三振

 

西勇輝は安部に余分に7球投じて完封ならず、九回は小林にスイッチ