画像は阪神戦を前に林の打席を見守る佐々岡監督

 

広島は10月23日、午後2時、マツダスタジアムでの阪神戦を前に全体練習を開始した。


野手キャプテンの鈴木誠は軽めのアップのあと林と組んでフリー打撃。投手キャプテンの大瀬良は外野フェンス沿いを最後まで走っていた。

 

同時刻、東京ドームは巨人−ヤクルトプレーボール。結果が丸の柵越え2発などで巨人のワンサイド、午後5時31分、11−1の大差でゲームセットとなり、この瞬間、広島の逆転クライマックッスシリーズ切符が消滅した。