画像はサンフレッチェ広島レジーナのホームゲーム開催時の様子


広島女王にオミクロン株の影…12月4日(土)サンフレッチェ広島レジーナvsINAC神戸レオネッサなどWEリーグ5試合延期


……

 

WEリーグはきょう12月1日午後4時過ぎ、12 月 4 日(土)、5 日(日)に開催予定としていた Yogibo WE リーグ 第 11 節の全5試合の延期を発表した。

 

広島では12月4日午後1時から広島広域公園第一球技場でサンフレッチェ広島レジーナとINAC神戸レオネッサの対戦が予定されていた。

 

問い合わせ
株式会社サンフレッチェ広島 レジーナ事業部
TEL(082)259−3220
営業時間 午前9時から〜午後6時(土・日・祝休業)

 

 

公益財団法人日本サッカー協会(JFA)からきょう午前 9 時に発表された、なでしこジャパン(日本女子代表)のスタッフ・選手が、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後 14日間の待機(空港検疫所定のホテルにて 6 日間の隔離、7 日目以降は自宅、又は事前に手配した宿泊施設に 14 日目まで待機)が求められることになったため。

 

この決定を受け、きょう 午前に開催した WE リーグ実行委員会で、全クラブ出席のもと審議を行い、WEリーグ規約第 46 条第 3 項に従って、チェアの最終決定により全 5 試合を延期することになった。

 

今回の代表活動では、WE リーグから日本女子代表へ 18 名、フィリピン女子代表へ 2 名の選手たちが選出されており、クラブ単位では最大 5 名の選手が出場不可となる状況になった。このため全クラブの公平性を担保する観点を重視した。

 

延期になった試合の開催日およびご購入済のチケットの対応は、決定次第速やかに発表される。既に Yogibo WE リーグ 第 11 節 (12/4・5 開催分)のチケットを購入したファンに向けてWEリーグは「破棄せず、大切に保管していただけますようお願い申し上げます」と呼びかけている。