画像は天然芝が美しいマツダスタジアム

 

秋山翔吾には広島やカープが合っていないか?

 

 

米大リーグ、パドレス傘下のマイナー3Aエルパソを退団した秋山翔吾外野手(34)と西武の渡辺久信ゼネラルマネジャーが6月22日、東京都内のホテルで交渉、正式なオファーが出された。

 

同日、秋山獲りへの先行報道がなされていた楽天の天石井一久GM兼監督はオファーを出さない方針を明かした。

 

ソフトバンクも23日、都内で面会して正式なオファーを出した。



続いて24日、広島の鈴木清明球団本部長がチームの横浜遠征に合わせて都内に入り、秋山翔吾と交渉した。

 

で、ひろスポ!の見解はこうだ。

 

秋山翔吾はカープの一員として広いマツダスタジアム、その天然芝の上でプレーして、ファンに愛される存在となる方が良くないか?

 

ひろスポ!では6月21日、サンスポが「広島参戦」の特ダネをネットニュースにアップして以来、そうアピールしてきた。

 

根拠はひとつ。

 

秋山翔吾の打撃スタイルはセ・リーグに合っている。

 

今さら秋山翔吾のバットマンとしての資質を綴る必要はないが、例えば216安打、NPB記録を打ち立てた2015年には打率・359を残したが交流戦では・432と打ちまくった。

 

NPBでのシーズン打率と交流戦打率の関係は…

 

2011年 ・232と・172※
2012年 ・293と・284※
2013年 ・270と・351
2014年 ・259と・323
2015年 ・359と・432
2016年 ・296と・360
2017年 ・322と・313※
2018年 ・323と・380
2019年 ・303と・321

 

交流戦打率がシーズン通算打率を下回ったのは9シーズンで3度(※)だけ。交流戦打率・350以上が4度もある。パ・リーグ、メジャーリーグの次はやっぱり「セ・リーグ」(関係者)

 

一方で広島のチーム事情についてはすでにいろいろ報じられていおり、現状では外野陣が“ガタガタ”になりかけている。

 

故障離脱中の西川龍馬も未だに関西弁が抜けず(抜ける必要もないのだが…)、国内FA権取得後にどう転ぶか、分からない。

 

よって、鈴木誠也の譲渡マネーなどを次ぎ込んででも獲得したい、というのが広島の立場。

 

広島風お好み焼き、旨いっすね!とカープファンを前に語る日はそう遠くない、かも…

 

(ひろスポ!特命班&田辺一球)

 ※さらに詳しい情報は、2000年10月よりカープをウオッチングし続けている(一日も休まず更新中)携帯サイト「田辺一球広島魂」でご覧ください。田辺一球、スマホ、で検索。