画像は大瀬良

 

佐々岡監督の下での初のクライマックッスシリーズへ瀬戸際に立たされている広島が9月25日、マツダスタジアムでの全体練習を再開した。

 

内容はバント処理、スクイズへの対応などの投内連携の確認や、打撃練習など。

 

二軍戦に帯同中の森を除く一軍投手は全員、この練習に参加した。

 

九里も森下も懸命に練習メニューをこなしていたが、その中に大瀬良の姿なし。

 

9月23日の阪神25回戦に先発して2回4失点で負け投手になった大瀬良。チームにとって一番大事な時期に、3試合続けて手痛い一発を浴び、みんなの期待に応えることができなかった。

 

阪神と同率4位の広島は1ゲーム差の3位巨人を追撃中。残り3試合全勝なら、現在ほとんど消えかけているCS切符に手が届く可能性が出てくる。

 

こういう時にこそ4年連続開幕投手を務め、選手会長でもある右腕の力が真価を発揮するはずだったのだが…

 

※さらに詳しい情報は、2000年10月よりカープをウオッチングし続けている(一日も休まず更新中)携帯サイト「田辺一球広島魂」で、田辺一球、スマホ、で検索!