画像は9月29日付サンスポ一面などスポーツ各紙

 

 

サンスポが”規制突破”的に9月27日午前3時のネットニュースアップで火付け役になった阪神岡田彰布次期監督ニュース。

 

その後、スポーツ各紙を含むメディアが追随して様々な情報が交錯、その人選の過程についてもいろいろ触れられているが、そもそも2月1日のキャンプイン前に矢野監督自らが今季限り、と公表したのだから、関係者が準備しない方がおかしい。

 

…ということは相当早い時期に水面下では岡田さんで、となっていた可能性もある。「方針展開」とする報道も多いが表向きそうでも、筋書通りだったのかも…

 

というのは広島市内のネオン街の一角では、解説などの仕事でマツダスタジアムを訪れた岡田氏が”来年から監督やるんで、みなさんよろしく”的なことを言っていた”という証言が以前から聞こえてきていたから、だ。

 

もしそれが本当なら岡田氏は本腰を入れて早野阪神の戦いぶりを見つめてきていたことになる。紙面での”解説”がつい厳しめになる?のも頷けるというものだ。(ひろスタ特命取材班)