ドコモdメニューニュースのアクセス1位2位をひろスポ!独占(画像説明)

 

東京都民はカープと佐々岡監督の今後を心配している?

 

ひろスポ!はドコモdメニューニュースに配信できる。

 

で、東京のアクセスランキングが大変なことになっている。9月29日、30日は、いずれもひろスポ!配信の広島東洋カープ関連記事が1位になっている。(30日は午後4時現在)

 

二日連続1位は以下のニュース。

 

マツダスタジアムでヤクルト、中日とラスト大勝負の佐々岡カープ危機的状況、小園や羽月の離脱も痛いがそれより何より高額転売横行だったチケット余り過ぎ…

※記事下関連記事参照

 

なおこのニュースは福岡でも29日、30日(同)ともアクセス数1位になっている。

 

地元の広島では、いじめ自死のニュースが両日1位で、ともに2位にランクイン。

 

なお、この記事にあるとおり、29日のマツダスタジアムはヤクルトとの大一番だったにもかかわらず2万3342人(年間指定含む)しか入らなかった。30日も当日券あり。

 

コロナ前なら9月の全試合が3万1000人超えだった。

 

さらに驚くべきことは東京では30日2位もひろスポ!発の以下の記事となっている。ちなみに3位は東京新聞配信記事。東京の中心的メディアにひろスポ!が快勝?している。

 

どれだけ東京の人たちは、カープの行く末や佐々岡監督のことを気にかけてくれているのだろうか…

 

 マツダスタジアムそばで育った高津野球に屈した形の佐々岡カープ、今季限りあと2試合で終焉…「最後に見たい」「集大成とその意地を」と中国新聞が”炎”のラストエール!

※記事下関連記事参照

 

以上、広スタ特命取材班。