画像は3月にマツダスタジアムで開催されたカープレジェンドゲームの1カット、レジェンドの中に佐々岡監督の後任者がいる

 

10月2日、広島はマツダスタジアムでシーズン最終戦を迎える。午後2時プレーボール。予告先発は広島が森、中日が根尾。

 

それに合わせてスポニチと中国新聞が2日付紙面で佐々岡監督の辞任を伝えた。

 

では、後任は誰か?

 

中国新聞には「OBを基本線に」と書いてあるが「基本」も何もカープレジェンドしかいない。

 

広島テレビ、中国新聞が主催で3月、マツダスタジアムで開催されたカープレジェンドゲームは大盛況だった。

 

その中に次期監督がいる。

 

…ということは広テレや中国新聞関係者は早い段階で誰が佐々岡監督のあとを引き継ぐが知っていることになる。

 

10月1日発売の日刊ゲンダイ(紙面の日付は10月3日)には佐々岡監督の辞任を前提に、次期監督候補の名前が挙げられいた。

 

広島では一日遅れで2日、コンビニなどで販売されいる。

 

そこには、緒方孝市前監督、野村謙二郎元監督、金本知憲前阪神監督、新井貴浩氏の名が記されている。(広島スポーツ100年取材班&田辺一球)


※さらに詳しい情報は、佐々岡監督の入団当初からカープをウオッチングし続けている(一日も休まず更新中)携帯サイト「田辺一球広島魂」で。田辺一球、スマホで検索!