画像は中日の立浪和義監督(左)と山井大介投手コーチ

 

首位を行く広島は最下位・中日に苦戦して、交流戦トータルの数字も含めて唯一、負け越している。しかも昨夜(6月21日)の0−1負けで今季8度の対戦のうち実に6度までが得点ゼロゲームとなっている。

 

きょう22日の予告先発になっているメヒアとの対戦でもやはり0−1のスコアで負けている。

 

ポジティブキャラの新井貴浩監督は、そんな数字を番記者に振られてもまったく動じる様子はないが、ファンとしては気になるところかもしれないので、<きょうのカープはたぶんこうなる…田辺一球note > の記事を転載する。(記事内で選手などの呼称は独自のものとなっています)

 

<6月22日(バンテリンドームナゴヤ)14時開始予定の中日−広島回戦のみどころ>

予告先発は広島が大瀬良(3勝0敗)、中日がメヒア(3勝4敗)

昨夜の負けで、中日との対戦成績は2勝5敗1分けになった。中日から見たら、勝ち越しは、交流戦トータルの数字も含めてカープだけ、だ。

5敗はいずれも完封負け。しかも4月28日のバンテリンドームナゴヤでは、やはり高橋宏斗を打てず延長12回スコアレスドローだった。

この零点ゲーム6試合のうち3試合までに九里が絡んでいる。だから今回のローテ再編では九里を外したのかもしれない。床田も昨夜、その仲間入りをしてしまったか?7月5日にまたバンテリンドームナゴヤでの対戦が待っている。

その零点ゲームを振り返ってみよう。

 

マツダスタジアム
4月5日(スコア0−1) 中日は柳(7回5安打)−勝野−マルティネス。九里は8回4安打1失点の自責0でライト田村俊介が決勝エラー。

6日 (同0−4) 中日は涌井(6回1/3)−齋藤−清水−松山。ハッチは5回3失点で中田翔に2ラン許す。

7日(同0−1) 中日はメヒア(7回)−勝野−齋藤−マルティネス。黒原は5回を投げて宇佐見に決勝タイムリー打たれる。

 

バンテリンドームナゴヤ
4月28日(同0−0) 中日は高橋宏斗(7回)−松山−マルティネスー齋藤−清水−藤嶋に対して九里(7回)−島内−栗林−矢崎−森浦−塹江で計ゼロ24個

 

マツダスタジアム
5月11日(同0−4) 九里、柳の再戦で柳(7回)−松山−マルティネス。九里は6回2失点で六回、中田翔に決勝打許す。

そして昨夜…

 

 

こうして見ていけば、似たようなパターンが繰り返されていることが分かる。

そしてきょうの相手はメヒア。

前回は…

野間
田中広輔
小園
堂林
秋山
田村俊介
坂倉
矢野

…の打線で秋山二塁打、矢野左前打の2本に抑え込まれた。代打上本が9球粘って二ゴロ、が光った程度?

メヒアは交流戦3試合に投げて一度も勝てず。かなり打ち込まれもしたが、きょうは気合いが入っているはず。

交流戦3試合に投げてノーノー+自責点0の大瀬良を、昨夜の床田のように見殺しにするわけにはいかない。中日の勝ちパターンのブルペン陣からはほとんど得点できていないから、メヒアを打つしかない。