大リーグ、パドレスにトレードで移籍したダルビッシュ有投手(34)の妻で、元レスリング世界女王の山本聖子さん(40)が21日、自身のブログを更新。ダルビッシュへの想いをつづり、反響を呼んでいる。

 聖子さんはこの日、「実は、私が我が家のボス。らしいです笑」と始めると、ダルビッシュが「この家のボスはママ。ママが家の事を決めて(って言われても無理なので、いつも主人に結局聞きます。笑)ママがやりたいようにやって。パパはママの作るご飯食べさせてもらって、働く人」と口にしていることを説明。

 ダルビッシュについて「俺が養ってるんだーとか1ミリもないんですよね。笑 こんな俺でごめんね、とか言ってきます。笑 何がごめんなのか分からないけど」とつづり、シーズンオフには「とにかくシーズン中に出来なかった家の手伝いを巻き返そうと頑張ってくれます」と、子供達のねかしつけや料理などを行うことを明かした。

 続けて「アスリートとしてはもちろん、学ぶ事ばかり。そして尊敬する所しかない。その発想無かったわーっていつも思います。笑」とコメント。「だから私も頑張れちゃう」「夫婦は一方通行じゃダメなんだよね」と記し、「一緒にいてもう7年目に入りますが、いつも初心を忘れずに、いや、深まってる今の思いを大切に? 毎年変わってくる環境を受け入れながら頑張りたいな」とつづっていた。

 この投稿にファンからは「本当に出会うべき人に出会ったというお二人」「人間くささのある、義理堅い、素晴らしい方」「最高のご夫婦だなぁ」「羨ましいほど、素晴らしいご夫婦」「ごちそうさまです。満腹です(笑)」などの声が多数寄せられている。