俳優・竹内涼真(29)が主演するテレビ朝日系連続ドラマ「六本木クラス」(木曜・後9時)の第12話が22日放送された。主要キャストを務める俳優・香川照之(56)の演技に、SNS上では多くの反応がみられた。

 巨大外食産業「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂役を務める香川は番組序盤から登場し、同社の「臨時株主総会」で六本木の居酒屋「二代目みやべ」の店長・宮部新を演じる竹内と対峙するシーンが流された。

 病を患い、やつれた表情でおぼすかない足取りで宮部に近づいてくる長屋茂の鬼気迫る演技に「香川さん、やつれてる」「香川さんのクマがある意味心配にある」「香川照之さん、病弱に見えるのは単に役作りだけじゃないと思う」といったコメントの一方で、「香川さんの演技ほんとに魅力的」「もうやってることが大和田常務にしか見えない」「香川照之久々にドラマで見たけど上手いやん」と演技力を称賛する声も寄せられた。

 香川を巡っては、週刊誌報道で過去の女性への性加害行為が明らかになり、TBS系「THE TIME,」(月〜金曜・前5時20分)の金曜司会降板や、CMの出演取りやめなどが相次いだが、テレビ朝日は「六本木クラス」の出演継続を決定した。