【日経新春杯】藤岡調教師、カラビナひと皮むけた

【日経新春杯】藤岡調教師、カラビナひと皮むけた

◆日経新春杯追い切り(11日・栗東トレセン)

 日経新春杯は13年Vのカポーティスター、昨年2着のシャケトラと、格上挑戦での活躍が見られるハンデ重賞。今年、1600万から挑む3頭のうちの一頭、カラビナの藤岡健一調教師(57)=栗東=に手応えを聞いた。

 ―最終追い切りは栗東・CWコースで幸騎手が騎乗し、6ハロン83秒7―12秒1。ライデンバローズ(4歳500万)に半馬身遅れでした。

 「遅れはしたけど、併せた相手もよく動く馬だから。しまいがしっかりして、いい仕上がりで送り出せると思う」

 ―前走、1600万のグレイトフルSで2着。

 「今回はG2だけど、ハンデ52キロはいいよね。前回、勝ったパフォーマプロミスは強かったけど、今回、2キロ差(前走は1キロ差)に広がるのは大きい」

 ―京都の2400メートルという舞台設定について。

 「長い距離のレースでは安定しているので、この条件はいいね。道中、流れるような展開になれば面白いと思う」

 ―最後に意気込みを。

 「以前はダートに使ったりしていたけど、力をつけてきた。ひと皮むけた感じがするので、ここでどこまでやれるか、楽しみにしている」(聞き手・内尾 篤嗣)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索