内藤律樹、Sライト転向3試合目で減量「楽に」

 プロボクシングの東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ(13日、東京・後楽園ホール)の計量が12日に行われ、同級2位で元日本スーパーフェザー級王者の内藤律樹(26)=E&Jカシアス=、同級1位ジェフリー・アリエンザ(27)=フィリピン=はともにリミットの63・5キロでパスした。

 内藤はスーパーライト級に転向して3試合目のため、7キロの減量も「楽になった」と笑顔。隣の対戦相手を見て「減量がきつそう。映像を見たけど、スピード、スタミナはある。油断はできない」と気を引き締めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索