【京都新馬戦】外国産馬アポロテネシー5馬身差でデビューV 武豊「まだまだやれそう」

【京都新馬戦】外国産馬アポロテネシー5馬身差でデビューV 武豊「まだまだやれそう」

 13日の京都4R・新馬(ダート1400メートル、16頭立て)は、武豊騎手騎乗の外国産馬アポロテネシー(牡3歳、父ランアウェーアンドハイド、栗東・山内研二厩舎)が直線で力強く伸び、1番人気に応えた。勝ちタイムは1分27秒6。

 前半は押して好位の後ろにつけたが、3コーナー手前で外を進出。4コーナーでは3番手までポジションを上げ、直線入り口で先頭に並びかけた。先行集団をあっさりかわした後も末脚を伸ばし続け、2着に5馬身差をつける圧勝デビューとなった。

 武豊騎手は「素直な馬ですね。ダッシュはなかったけど、追ってからが良かった。乗り味がいいし、まだまだやれそうな感じです」と今後の飛躍に手応えを感じていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索