【中山新馬戦】ロードカナロア産駒のエピックスターが鮮やか差し切り勝ち

【中山新馬戦】ロードカナロア産駒のエピックスターが鮮やか差し切り勝ち

 13日の中山5R、3歳新馬(芝1600メートル=16頭立て)は、ロードカナロア産駒の4番人気エピックスター(牡、美浦・田村康仁厩舎)が差し切り勝ち。鮮やかに初陣を飾った。勝ち時計は1分37秒1。

 柴田善騎手を背に、道中は中団後方で脚をためる形。直線でゴーサインが出ると、馬場中央からメンバー最速タイの上がり(3ハロン34秒9)で伸びて、内の2着馬パルクデラモールを首差で退けた。

 鞍上は「能力で勝ってくれたが、まだ教えるところがたくさんある」。田村調教師も「どれだけ気持ちよく走れるかがカギだった。道中はフワフワさせておいて、最後だけしっかり。騎手が本当にうまく乗ってくれた。これからメンタル面がかみ合ってきてくれたら」と、今後の成長に期待を寄せていた。次走は未定。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索