【菜の花賞】金子真人オーナー所有の良血オハナがデビュー2連勝!

 13日の中山9R・菜の花賞(3歳500万、牝馬限定、芝1600メートル=12頭立て)は、1番人気のディープインパクト産駒オハナ(牝3歳、美浦・堀宣行厩舎)が直線で抜け出し、デビュー2連勝を決めた。勝ち時計は1分36秒0。

 好スタートを決め、内ラチ沿いの4番手を追走。4コーナーで外に持ち出し、残り100メートルから鋭く伸び、先に抜け出したダンツクレイオーを1馬身捉えた。

 昨年10月に東京(芝1600メートル)でデビュー勝ちして以来、3か月ぶりの実戦を勝利。騎乗した石橋騎手は「今回は中山で環境が変わり少しフワフワしたが、それ以外は堂々としていた。落ち着いてゲートを出て、思った通りのコース取りでした。初戦はペースが遅かったですが、今日はそれなりのペースで脚を使ってくれたのは評価できる。この先、順調にいってほしいです」と走りを褒めた。

 3歳上の全兄キロハナ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)は4勝、1歳上の全姉ハナレイムーン(牝4歳、美浦・堀宣行厩舎)は3勝を挙げている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索