【愛知杯】キャリア5戦目のリカビトス4着 吉田隼「寄られる場面が…」

◆第55回愛知杯・G3(1月13日、中京競馬場・芝2000メートル、良)

 今年最初の牝馬限定重賞は、6番人気エテルナミノルが四位洋文騎手騎乗で好位から抜け出し勝利。8度目の挑戦で重賞初制覇を飾った。

 2着は11番人気のレイホーロマンス(岩崎翼騎手騎乗)が入り、3着には1番人気のマキシマムドパリ(藤岡佑介騎手騎乗)が続いた。

 吉田隼人騎手(リカビトス=4着)「小柄な馬のぶん、位置を取りにいくのが難しいところがあります。最後はいい脚を使ってくれましたね。勝ち馬の後ろにつけて前が一瞬開いたけど(馬が)戻ってきたところで寄られる場面がありました。まだ4歳とキャリアの浅いなか、重賞でこれだけの競馬をできるので、先々が楽しみです」

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索