小平奈緒、同時表彰台の高木美の存在「勇気になってる」

小平奈緒、同時表彰台の高木美の存在「勇気になってる」

◆平昌五輪第6日 ▽スピードスケート女子1000メートル(14日・江陵オーバル)

 女子1000メートルで、世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で銅メダルを獲得。冬季五輪で日本女子が個人種目で初めて2人同時に表彰台に上った。

 ◆奈緒に聞く

 ―個人種目で初メダル。

 「自分の力を全て出し切った上での銀メダル。後悔はないし、みなさんに喜んでもらえるメダル。ゴールの先まで諦めずに滑ることができました。ただ、自分のスケートが金メダルではなかったんだなと思います」

 ―今季、世界記録を出した種目だった。

 「実力が足りなかった。1000メートルに関しては世界記録は出したけど、完全に私は強いんだろうかって信じ切れていない部分があった」

 ―高木美と表彰台。

 「(日本の)スケート界にとっては大きなこと。高木選手が(ソチ五輪落選から)はい上がってきた力を少なからず見てきて、私の勇気になっている。今、五輪で競い合えてうれしい」 ―500メートルに向けて。

 「1000メートルの3位以内は、500メートルで金メダルを取るための方程式に乗っていると思う。挑戦したい」

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索