【ウィンブルドン】錦織圭、85年ぶり4強逃す…「バカじゃないのオレ」悔しい第3セット第5ゲーム

◆テニス ウィンブルドン選手権第9日 ▽男子シングルス準々決勝 ノバク・ジョコビッチ3(6―3、3―6、6―2、6―2)1錦織圭(11日、英ロンドン)

 【11日=大和田佳世】男子シングルス日本勢85年ぶりの4強入りは天敵に阻まれた。第24シードの錦織圭(28)=日清食品=は初めて挑んだ準々決勝で、第12シードのノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=に1―3で敗れた。元世界NO1に対して13連敗となり、1933年の佐藤次郎以来日本男子3人目、自身4大大会3度目の準決勝進出を逃した。

 錦織はジョコビッチのスキに付け入ることができなかった。1セットを奪い返して迎えた第3セット第5ゲーム、ダブルフォルトが絡み0―40のブレイクチャンスを迎えた。バックハンドのストレートが外れ、しゃがみ込んで悔しがる。30―40で15回続いたラリーでバックハンドをネットにかけると「バカじゃないのオレ」とつぶやいた。最大のチャンスを逃してキープされると、続く自身のサービスゲームではフォアハンドが乱れてブレイクを許す。つかみかけた流れを手放し、芝の聖地で佐藤次郎以来、日本男子85年ぶりの4強は遠ざかっていった。

 ここまで12連敗していたジョコビッチとは芝では初対決で「芝での戦いが合ってきた。新しい試合になると思う」と話し、サーブの重要性が増すコートで自信はあった。「過去とは違う。サーブが良くなってきている。何をすべきか分かっている」。昨夏の右手首故障後にコンパクトに変えたフォームから精度の高いサーブを繰り出し優位に立った。

 4回戦で痛みを訴えた右肘にはテーピングをして、第3セット途中には薬を服用した。ただ動きに不安はなく股抜きショットで窮地をしのいだ後に強烈なバックハンドを見舞って、観客から地鳴りのような拍手を浴びた。出場10度目で初めて8強の壁を破ったが、それでもジョコビッチの分厚い壁までは破れず。悔しさを芝の聖地に置き去るように、ロゴの入ったタオルをベンチに残したままセンターコートを去った。

 錦織「(第3セット第5ゲームは)一番大きいチャンスだった。取れていれば試合は違った。ラリーが長くなるのは想定していたけど、思った以上にディフェンスがよくて深いボールが返ってきて攻めきれなかった。プレー内容は悪くはなかったけど、何かが足りないんだろうし彼は最後まで崩せないので、それが何か見つけていかないといけない」


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索