【ウィンブルドン】上地結衣、生涯グランドスラムへ初戦はストレート勝ち

◆テニス ウィンブルドン選手権第10日 ▽車いすの部女子シングルス1回戦 上地結衣2(6―4、6―4)0マリヨレン・バウス(12日、英ロンドン)

 生涯グランドスラムかかる上地結衣(24)=エイベックス=は、マリヨレン・バウス(オランダ)にストレート勝ちした。芝での大会は1年でウィンブルドンのみ。「慣れるものではないですね。毎年戦い方に悩む」のも無理はない。普段はスピンを主体に戦うが、芝では叩かれてしまうためスライスを徹底的に練習して臨んでいる。球種が違えば車いすの向きも打点の位置も違う。「両方(の球種が)いいという試合はすごく少ない」という使い分けをしながら試合を展開。スライスを増やして相手のタイミングをずらし、球威が落ちる返球を狙っていった。

 16年は1回戦、17年は準決勝敗退。聖地と言われるウィンブルドンに特別な思い入れを抱くというよりは「シングルスでタイトルと取っていない。やりきって戦えたらいいかな」という気持ちでいる。準決勝はアニク・ファンクート(オランダ)と対戦する。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索