【富山】昨夏メンバー足りず不戦敗の富山高専射水、10人で奮闘も初戦敗退

【富山】昨夏メンバー足りず不戦敗の富山高専射水、10人で奮闘も初戦敗退

◆第100回全国高校野球選手権記念富山大会 ▽1回戦 富山いずみ7―2富山高専射水(13日・高岡西部総合公園)

 メンバー10人で臨んだ富山高専射水が、2年ぶりの初戦敗退となった。

 昨夏8強の富山いずみに対し、0―1の4回に1年生の8番・関郁海一塁手の適時二塁打で追い付くなど、意地を見せた。

 しかし4失策と守備が乱れ、最後は突き放されて完敗。主将の坂井笙(しょう)捕手(3年)は、4点を追う8回に左越えの適時二塁打を放つなど、2安打1打点と奮闘も及ばず「昨年の夏に打てなかったので、今年は何とか打とうと思っていた。攻撃は良かったと思うが、守備からリズムを作れなかった」と唇をかんだ。

 昨夏は初戦突破も、負傷でメンバーが足りなくなり、3回戦で悔しい不戦敗となった。坂井主将は「今年もけが人が出たけど、試合ができて良かった」と話した。

 昨秋、今春は連合チームで県大会に出場したが、1年生5人が入部し、夏は単独チームで出場。関が二塁打2本を放ち、9番・真木海渡左翼手(1年)も2安打と、ルーキーたちが経験を積んだ。坂井主将は「1年生も入ってきてくれたし、次につながればいいと思います」と、後輩にバトンを託していた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索