【西東京】名門・日大三が辛勝発進 都立杉並に大苦戦

【西東京】名門・日大三が辛勝発進 都立杉並に大苦戦

◆第100回全国高校野球選手権記念西東京大会 ▽3回戦 日大三7―4杉並(13日・ダイワハウススタジアム八王子)

 甲子園春夏3度優勝し、今年のセンバツにも出場した名門・日大三が辛勝発進した。

 日大三は初回、先発・平野将伍(2年)が杉並打線につかまり2本の適時打を浴び2失点。続く2回にはソロ本塁打を許し、リードを3点に広げられた。

 だが、打線が4回に3点を返して同点。1点を勝ち越された直後の6回には、中村奎太(3年)の2点右前適時打で逆転に成功。8回にも2点を加えて突き放した。逆転打を放った中村は7回からマウンドに立ち3回を無失点。初戦突破に貢献した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索