“韓国卓球界の女神”世界13位・徐孝元、台湾エースの8位・鄭怡静がTOP名古屋入り

“韓国卓球界の女神”世界13位・徐孝元、台湾エースの8位・鄭怡静がTOP名古屋入り

 10月開幕の卓球「Tリーグ」に女子で参戦する「TOP名古屋」が韓国と台湾のエースを獲得することが4日、分かった。関係者によると、この日までに世界ランク8位で台湾の鄭怡静(26)、13位で韓国の徐孝元(31)と合意に達した。

 徐は女子の世界チームランクで中国、日本に次ぐ3位につける韓国の中心選手だ。美人選手としても知られ「韓国卓球界の女神」の異名を持つ。カット主戦型の戦型で世界屈指の実力を誇るが、強力なフォアハンドも持ち合わせ、日本人選手とも国際大会で何度も熱戦を演じてきた。

 鄭はパワーを生かした攻撃的なプレーが持ち味で、世界選手権に13大会連続で出場している台湾の第一人者だ。17年2月に自己最高5位を記録した世界ランクは中国と日本勢を除いてトップの8位で、W杯では16年に準優勝、17年にも3位。混合ダブルスでも昨年の世界選手権で金メダルの吉村真晴・石川佳純組と決勝を戦った。Tリーグは各チームに世界10位以内の選手の所属を義務付けているが、この条件もクリアする。

 TOP名古屋は10月26日の開幕戦(両国国技館)で平野美宇、早田ひなを擁する日本生命レッドエルフと対戦する。2日のリーグの会見で第1号選手として世界22位のサマラ(ルーマニア)がお披露目されたばかりだが、これで外国人選手3人が内定。複数の日本人選手の獲得交渉も進めており、歴史的な開幕戦にふさわしい陣容が整いそうだ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索