大会最長身174センチ・中水流がスパイク連発 全日本バレー小学生大会

大会最長身174センチ・中水流がスパイク連発 全日本バレー小学生大会

◆報知新聞社後援 全日本バレーボール小学生大会 第2日(8日・川崎市とどろきアリーナほか)

 男子、女子、混合の予選リーグ143試合が行われた。9日は予選リーグの2日目が行われ、10日の決勝トーナメントに進出する8チームが決定する。

 鹿児島男子・伊佐市は、今大会最長身の174センチで主将の中水流(なかづる)春矢(6年)がスパイクを連発した。小5の12月にバレーを始めたばかり。アタックのタイミングなどで苦労したが、現在はチームを引っ張るほどに成長した。「(全日本で活躍する)石川祐希選手のようにスパイクでチームを勝利に導く選手になりたい」。予選で全力を出し切り、ベスト8入りを目指す。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索