“仙女”里村明衣子がついにWWE登場…「メイ・ヤング・クラシック」パレード

“仙女”里村明衣子がついにWWE登場…「メイ・ヤング・クラシック」パレード

 米国時間8日にWWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」が開幕した。オープニングパレードでは優勝を競い合う世界12か国から集められた32選手が紹介され、日本人として参戦する松本浩代(32)は“破壊する女”として14番目に登場。紫雷イオ(28)は17番目に登場すると会場からはイオコールが巻き起こった。そして最後のトリを飾ったのはセンダイガールズ(仙女)の里村明衣子(38)。“生きる伝説”として紹介された里村はファイティングポーズを決めて会場を沸かせた。

 また、元WWEディーバス王者のケイトリンやNXT UKのスーパースターとして昨年に続き参戦するトニー・ストーム、選考試合で勝ち上がったタイナラ・コンティなど多彩なメンバーが集結した。

 「メイ・ヤング・クラシック2018」はフロリダ州オーランドのフルセイル大学で開催され、その模様は日本時間9月6日にWWEネットワークで初公開。その後、毎週木曜日午前10時に準決勝まで配信され、決勝戦は10月28日、WWE史上初の女子のみのPPV大会「エボリューション」で行われ、WWEネットワークでライブ配信される。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索