【関屋記念 杉原に聞く】藤沢和厩舎ゆかりの血統チェッキーノで重賞初制覇狙う

【関屋記念 杉原に聞く】藤沢和厩舎ゆかりの血統チェッキーノで重賞初制覇狙う

◆第53回関屋記念・G3(8月12日・芝1600メートル、新潟競馬場)

 サマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念(12日、新潟)の出走馬が9日、決まった。一昨年のオークス2着馬チェッキーノは、長期休養明け2戦目で2年4か月ぶりの勝利を目指す。前走から手綱を任されているのは、藤沢和厩舎に所属する杉原誠人騎手(25)。デビュー8年目の若手が自身の重賞初制覇で、厩舎ゆかりの血統を夏の新潟で復活に導くか。今の思いを聞いた。

 ―16年オークス2着馬のチェッキーノで関屋記念に参戦します。

 「藤沢和厩舎ゆかりの血統ですね。この血統には普段から調教で乗せていただいていますが、重賞で乗るのは初めてです」

 ―母ハッピーパスの子はデビューした7頭がいずれも2勝以上を挙げています。

 「それぞれタイプは違いますが、総じて運動神経がいい。なかでもコディーノは忘れられません」

 ―2歳時(12年)に重賞2勝、クラシックでも人気を集めました。

 「芝での追い切りは衝撃的でした。変な表現ですが、前と後ろが分かれてしまうんじゃないか。それくらい脚の運びが力強くて。あの調教を超える馬はまだいないですね」

 ―本音を言えば、レースでも乗ってみたかったですか?

 「騎手ですから当然です。ただ、あれだけの馬に乗せていただけるのは本当に難しいこと。それでも調教から学んだことも多く、今の僕にとってひとつのスキルとなっています」

 ―そのコディーノの全妹、チェッキーノとコンビを組めるのはうれしいですね。

 「なかなかこういう機会には恵まれない。感謝しかありません」

 ―11年のデビューから藤沢和厩舎に所属しています

 「(藤沢和調教師からは)昔から『外を回すな、馬を真っすぐ走らせろ、必要以上にムチを使うな』と言われてきました。何十年も馬を見てきた方。勉強になることばかりです」

 ―恩返しできればいいですね。

 「2年ぶりの米子S(7着)を叩いて上積みはあります。復活へ導けるよう、頑張ります」(聞き手・豊島 俊介)

 ◆杉原 誠人(すぎはら・まこと)1992年10月31日、埼玉県生まれの25歳。11年3月デビューで、当初から藤沢和厩舎に所属。同期は横山和、嶋田、藤懸、森一。JRA通算93勝。家族は妻と先月誕生したばかりの1男。164.5センチ、51キロ。血液型B。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索